2007.07.08

Movable Type 4をインストールしてみた

この二日ほど、カップ麺の更新もしないで何をしてたかというと、Movable Typeの4のインストール。ちょうど一年前ぐらいにこのココログの調子が悪く、48時間という長時間にわたるメンテが行われたりしたころから、ゆくゆくは自前のサーバでブログをと考えていたので、MT4には興味があったのだ。去年一度、人に頼まれレンタルサーバ上にMT3をインストールしたことがあるので、すんなりいくかと思ったら……。ブログのテクニカルなことをブログのネタにするのはとも思ったけど、今回いろんな方のブログ、HPに助けてもらったし、わからないとほんとなかなか苦労するので、気がついたことをメモ代わりに書いておきます。

最初に試したのはMovable Type 3.35のiMac G4 (MacOS 10.4.10)へのインストール。データベースには、Mac OS Xのデフォルトで使えるBerkley DBを使ったので楽勝。MT3本体をダウンロード/インストールし、Six Apart社のサイト上のマニュアルどおりに設定を行えば30分ほどで仕事は終わる。Mac OS X特有の注意事項としてはインストール場所。OS Xでは[ユーザ]/library/WebServer/Documentsにおいたhtmlファイルが公開されるんだけど、CGIはCgi-Executablesフォルダに置かないといけないので、MTのフォルダからmt-staticフォルダを抜いたもの(このフォルダを以下MTとする)は/library/WebServer/CGI-executables/に置き、mt-staticフォルダや、新たに作成するblogフォルダ、dbフォルダ(それぞれブログの記事と、データベースの中身が入る、名前は任意)は/library/WebServer/Documents/に置くということ(これをしたくない場合は、森俊之さんのこちらのページなどを参照のこと)。マニュアルではこれらのファイル、フォルダの権限をFTPアプリケーションを使って変更することになっているけど、ローカルに置いたのであれば、terminalで、cdコマンドを使ってWebServerディレクトリに入り、

chmod 755 CGI-executables/mt*.cgi
chmod 777 Documents/blog
chmod 777 Documents/db

とすればOK。この構成にした場合、mt-config.cgi中では、CGIPathがhttp://localhost/cgi-bin/mt/に、StaticWebPathがhttp://localhost/mt-staticに、Berkley DBの設定のDataSourceが../../Documents/dbにしておけばいいはずです。http://localhost/cgi-bin/mt/mt-check.cgiによるチェックがOKで、http://localhost/cgi-bin/mt/mt.cgiで初期化画面が表示されたらOK。

で、いよいよMT4に挑戦。ここからは(たいした意味はないんだけど)Intel MacBook (OS 10.4.10)にインストール。MT4では、データベースとしてBerkley DBは使えないので、まずはMySQLをインストール。これがなかなか大変だった。Berkley DBですんじゃったり、レンタルサーバにあらかじめインストールしてあるmySQLを使えるのがどんなにありがたいことかわかった次第。今回インストールしたのはmySQL 5.0.41のMac OS X 10.4 (x86)版。インストール自体はpkgなのでダブルクリック一発。今すぐPCをサーバとして使おうと思ってるわけではないので、起動時に自動的にmySQLを立ち上げるためのMySQLStartupItem.pkgはインストールせず。かわりにMySQL.prefPaneをインストールしておけば、システム環境設定からMySQLのオン/オフができる。ややこしいのは後処理。MySQL AB社のマニュアルは大部でわかりにくいんだけど、山口氏のこちらのページを参考にさせていただきました。山口氏の記述、ちょっとディレクトリがおかしいようなので、僕の場合は、MySQLのディレクトリに移動(cd /usr/local/mysql/)してから、

sudo chown -R mysql data
./bin/mysqladmin -u root password <ルート用のパスワード>

で何とかクリア。データベースをネット上に置くのであれば他のanonymousのアカウントも処理しなきゃいけないみたいだけど、とりあえずその予定はまだないのでこれで終わったことにして、次はMT4用にデータベースを作成。これはMT3の場合と同じなので、MT3のマニュアルを見て作成。先ほどと同じディレクトリから、

./bin/mysqladmin -uroot -p<ルート用のパスワード> create <データベース名(mtなど)>
./bin mysql -uroot -p<ルート用のパスワード>
grant select,insert,update,delete,create,index,alter on mt.* to <ユーザ名(mtuserなど)>@localhost identified by '<このユーザのパスワード>';

でOK。

これが済んだらデータベースとのインターフェース、ドライバであるところのDBI、DBD::mysqlのインストール。まずはDBI。山口氏の記事では

sudo perl -MCPAN -e 'install DBI'

でインストールしてらっしゃるので、その通りに(あとでエラーが出たさいにDBIもおかしいのかなと疑い、手作業でダウンロードしてmakeも試してみたけど、make testでもほとんどエラーが出なかったのでこの方法でもほぼ問題なくいけるはず)。問題だったのはDBD::mysqlのインストール。cpanではうまくいかないので自分でmake。もしmakeが初めてであれば、まずはOS Xのインストーラ・ディスクか、AppleのDeveloper ConnectionからXcodeをインストール(何をインストールするにも、ことごとくmakeを避けてきた僕も今回初めてインストールしました)。基本的には、あとはDBD::mysql 4.005をダウンロード/解凍し、terminalで解凍先のディレクトリに行って、perl Makefile.pl、make、make test、make installを順にするだけ。最後のmake installは権限がないといわれたら、sudo make installとすればOK。パスワードが必要ならば、あらかじめNetinfo マネージャ(「ユーティリティ」フォルダ内)でルートパスワードを設定しておく。ところが、これでDBD::mysqlをインストールしても、mt-check.cgi上では認識されているものの、実際にmt.cgiを立ち上げるとドライバをロードできないといった趣旨のエラーが出て止まってしまう。で、make testのエラーメッセージとパッケージに添付のINSTALL.htmlと格闘すること数時間、ここにあった

PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin
export PATH

(MySQL本体へのパスを通す)と、

mkdir /tmp/mysql-static
cp /usr/local/mysql/lib/*.a /tmp/mysql-static
perl Makefile.pl --libs="-L/tmp/mysql-static -lmysqlclient"

(こちらはINSTALL.htmlにあったものを若干改変)をしてからmake、make test……と進め、何とか成功。上記で作ったtmp内のディレクトリは、インストール終了後に、

rm -rf /tmp/mysql-static

で消しておく。あとはMT3と同じ手順でMT4本体をインストールし、mt-config.cgiの設定さえちゃんとすれば(これはほとんどMT3の場合と同じ。上記で3について説明したものに加えて、さっきのMySQLのデータベース名、ユーザ名、パスワードなどを正しく書き込めばOK)できあがり。

Mt4xoinagaそんなわけで、なんとかインストールが終わりました。デフォルトのスタイルはこんな感じ。いろいろいじってみます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.13

餅ついて、猪鍋食べて

更新がなかなかできなかったのは年末から年始にかけて仕事がたまっていたせい。写真が一時なかったのは、ずっと使っていたデジカメが故障、昔使っていたものを引っぱりだしたまではよかったがスマートメディアを今のPCでは読めなかったせい。一応仕事もデジカメ環境も落ちついたので、ぼちぼち年末年始のいろいろを少しずつ書いていきます。タイムリーでないのは残念だけど、次の年越しのご参考になれば(笑)。

DSCF0027年末は丹波にある家人のご実家にお邪魔してお餅をつかせていただくのが年中行事。僕は褒められて育つタイプなので(笑)、最初の年におばあちゃんに褒めて頂いたのが励みになってほぼ毎年お邪魔している。最初のころは、蒸したてのお米をつぶすところ(蒸したての餅米をいきなり杵でつくと米粒が飛び散ってしまうのだ)や、最後の仕上げはおじいちゃんにやって頂いていたのだが、最近は一臼丸ごとつかせてもらえるようになった。それがちょっと嬉しかったり。家人の実家では餅米100%のいわゆるお餅だけではなく、白米を混ぜた餅もつく。これは贅沢品だからということだろうか「黄金」と呼ばれ、写真のように米の粒が少し残っている。放っておくとかちかちになってしまうので、小さく切り分けておくとよい。これをあぶって食べるのがとても旨い。旨いのはもちろん黄金に限ったことではなく、ふつうのお餅もつきたてを食べると世界観が変わる。餅嫌いの人(じつは僕もそうだった)は是非ともつきたてのお餅を試してみるべき。自分がついたものなら思い入れもいっそうだが、人様について頂いたものでも、それはそれは旨い。砂糖を混ぜた黄粉で食べるもよし、海苔でくるんで醤油で食べるもよし。炊きたてのおいしいお米を食べたときのような感動がある。粳米ではない、でもそれを一番おいしく食べる方法が「餅」であり、もはやそれを他の食べ物と比べることが無意味な域まで完成されている。おいしい食べ物というのは何でもそうだが、先人の知恵、工夫、努力を肌身に感じること請け合いである。

DSCF0030交代で餅をつきもって食べるのが、丹波ならではの猪鍋。最近の猪はあまり癖がなくそれほど煮こまなくてもおいしく食べられるが、火を通した肉がいったん固くなり再び柔らかくなるほどまで煮こむと旨味は格別。そのころには味噌味のだしもいい按配で、うどんを入れても雑炊をやっても最高である。みんなでわいわい猪鍋を囲みつつ、次は誰がつくだの誰が杵取りをするだの話すのが楽しい。こういうところまで含めて、餅つきというのは年末の素晴らしいイヴェントなのである。餅つきは毎年30日。おじいちゃん、おばあちゃんによると大晦日に餅をつくのは縁起が悪いのだそうだ。そんな田舎のこだわりも忘れたくないものの一つだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.27

日清 「GooTa 棒棒鶏担担麺」を食べる

発想は偉大である。棒々鶏は胡麻だれだし、担々麺も芝麻醤がベースだ。棒々鶏に胡麻だれをかければ、その分スープも旨くなる、といったところだろうか。

事実、棒々鶏にかけた胡麻だれがスープに溶けこんでいくにつれ、スープの旨味も増しているかのように感じられる。しかしいくつか問題点がある。まず胡麻のスープが甘すぎること。中華のごまだれ、というよりはピーナッツ・バターか何かのようだ。それからGooTa自慢のレトルト具材の棒々鶏、これが今ひとつだ。いってもしょうがないことなのかもしれないけれどパサッとしていてじつに残念。そしてもう一つ。思うにこのアイディア、汁なし担々麺により合うのでは? そこの方のごまだれと、上にのった棒々鶏にかけられた胡麻だれとがこんにちは、みたいな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家人のバターチキン

バターチキンという名のカレーである。久しぶりに家人が作った。家人の蔵書、『ラジさんちのインドカレー』によれば、鍋でトマトピューレと水を温めガラムマサラ、塩、レッドチリパウダー、ターメリック、カソリメティを加え、バター(トマト600ml+水200mlに対して50g)を溶かし、鶏肉(モモ)を加え、仕上げに生クリームを加えたもの。シンプルな料理だし、たとえば味を決める大きな要素であるバターの味なんてそうは変わらないものだから、自ずと使ったトマトピュレの味が、できあがりの味を大きく左右することになるような気がする。今回のものは、できあがったその日は酸味が非常にたっていたのだが、暖めては食べを繰りかえすうちに酸味もとび、今日がベストの状態かと。トマトとバターは不思議とよくあう。そしてその組合せの名作がインドから、というのが何とも面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

BLOGをつくる

今年の3月にHPでランチ日記をつけはじめた。日記という柄じゃないのはわかっているけれど、昔、「ワイン日記」なるものをつけたときはいちおう一年もったのでもう少し続くはずだったのだがあえなく挫折。理由をいろいろ考えてみたんだけど、まずランチに絞ったのがまずかった。行きたい店はいっぱいあるけどその半分ぐらいはランチタイムが14時ぐらいで終わっちゃう店。ふつうの人がお昼ごはんを食べるときにランチをしない生活をしているから(ということにもその時初めて気がついた)、そもそも毎日「ランチ」を呼べる代物を食べていなかった。そして更新の手間。写真まで載せようと欲ばったテンプレートを自分で作ってしまったので、ランチに行く→デジカメの写真をPCにおとす→コメントを書いてFTPでアップロード、というのが結構めんどくさかった。私設ホットスポットになっている某バーで更新、などと考えていたが、そこも毎日行くわけじゃないから挫折。

で、今回はその反省を生かし、
 (1) 食べもの、飲みものを問わず書こう
 (2) BLOGでらくらく更新
 (3) 原則写真はなし
ということでしばらくやってみようかと(笑)

まあ、どれだけ続くかはわかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)