« 十勝新津製麺「札幌らーめん五丈原 とんこつしょうゆ」を食べる | トップページ | 謹賀新年 »

2007.11.15

子供が産まれてから・1

子供が産まれたからといって、まだ何にも食べるわけではなし、なにも特別変わるところはないのですが、それでもいろいろあったりして。そんなところをちょっとだけ書いてみます。

P1080532子どもが産まれて最初に作ったごはんは、恒例(?)の赤飯。家人が入院していた一週間のうちの何日かは、お見舞いに来てくださった方にお赤飯を持って帰っていただきました。前回妹のところに子供が産まれたとき以来なんだけど、炊き方も忘れてるし、四苦八苦しながら何とか。この日の赤飯は、たまたま妹夫婦のところから栗をもらっていたので栗入り。そうしたら丹波の曾お祖父ちゃん、お祖母ちゃんから栗を頂き、なんだか物々交換みたいになってしまった(笑)。

P1080923P1080946家人が子供を産んで初めて、何故世間のお嫁さんたちが「里帰り出産」をするのかがようやくわかった。誰かに助けてもらわなければ夫婦二人では、ふだんの家のことから子どもの面倒までとても手が回らないのである。そんなわけで、家人が退院してからというものは、毎食僕が食事を準備するのだが、これがなかなか大変。今までは趣味として楽しくやっていたものが、毎日の欠かせない「お仕事」になったとたん、プレッシャーがぜんぜん違うのだ。楽しむなんてとんでもない、という感じ(笑)。作るものにしても、僕はもちろん三食毎回ちゃんとその時間に家にいるわけではないから、作っておいておけるものということで煮物が多くなった。といっても、煮物なんて今までぜんぜん作ってこなかったジャンルだから、ネタもなければ、ネタが思い浮かんでもどう作っていいのかわからない。そんな状態ながらもとりあえず作ってみてるのが写真のようなメニュー。どれもよくわからずにとりあえず「炊いた」ってだけなので、何もえらそうにいうことはないのだが、水菜と油揚げの炊いたん(右の写真の真ん中)は、炒めてから炊いた方が美味しいというのがプチ発見。あと南瓜、南瓜はだしが旨いとほんとうに美味しい。できるだけ味をつけずにさらっと炊いてもそれだけでじゅうぶん旨いのだ。赤こんにゃくは仕事で行った滋賀県でスーパーに寄ったさいに買ったもの。片面だけに包丁を入れればよかったものを、両面に入れてしまいぜんぜん「隠し包丁」になっていないあたりが痛々しい(笑)。 茄子は揚げてから家人が漬けた塩山椒といっしょにさっと炊いてみた。ひじきは今やヘビーローテーション(笑)。ちなみに左の写真の左上の魚は生協からとった鰆なんだけど、これがなかなか旨かった。鰆というと味噌漬けのイメージがあるけれど(僕だけ?)、塩焼きでもほのかな旨味がじゅわっとこみあげてくる感じでなかなかでした。

P1080931P1080938そんなわけで、煮物にできる食材+煮物レシピ募集中なのだが、そんななかで見つけたのが、写真の切り干し大根。聖護院大根の切り干し大根なのだ。パッケージに同封されていたレシピを見ながら作ってみたのが、左側の写真。人参の千切りなどと一緒に戻した大根を胡麻油で炒めて少しだけ炊いたもの。これがなかなか旨い。食感は切り干し大根のそれのちょっと太め版といった感じだが、甘みというか旨味(甘みは砂糖で足したりもするので)などはさすがは聖護院大根といったところ。

そういうわけなので、煮物ならこれ!、という決め技をもっている人はぜひぜひ教えてくださいね。

|

« 十勝新津製麺「札幌らーめん五丈原 とんこつしょうゆ」を食べる | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

アナタ! インスタントラーメンばっかり食べてないで
私の手料理を食べてくださいね!
さもないと、離婚よ

投稿: 妻 | 2007.11.17 20:17

っておまえだれだよって感じなのですが(笑)

投稿: manavic | 2007.11.19 22:30

あなたはグルメリポーターですかって!

投稿: 妻 | 2007.11.20 23:35

なんかサブい人が降臨してますけどここは華麗にスルー(笑)。以前わたしが入れたコメントが入ってないので(途中で消してしまったのかしらん…)再投稿します!

南瓜の煮物、いいですよねぇ~。この時期の南瓜の甘さはまた格別。水菜と油揚げも是非食べたいのですが、こっちでは水菜は手に入らないのです……。
煮物のアイディア、ということであれば、ありきたりですが魚の煮付けなんていかがでしょうか。下に豆を敷いてから煮始めると、焦げ付きもなく豆も魚もふっくら仕上がるというのを聞いたので、私も今度チャレンジしようと思っています。
毎日のことだから、時間はかけず、品数は多く、種類は多岐に……なかなか悩ましいですよね。
煮物を2種類食卓へ並べようと思った時に小さな圧力鍋がひとつあるとどんだけ楽か!と、最近“圧力鍋信仰”をますます深めている今日この頃であります。

投稿: よめ子@ボル一家 | 2007.11.24 15:08

>> よめ子さん
コメントどうもです。プレゼント!のお礼かたがた一度ボルにテルしよう!、といっているばかりで果たせておらずごめんなさい!
まず水菜。あれは種蒔くとわりと簡単に生えてくるので、自家栽培がぜひお勧めです。
魚の煮付け、いいですねー。この間初めて鯖の味噌煮(おいおい)をやってみたところです。豆を敷いてというのは初耳。いろいろレシピなど探して試してみます。
それと圧力鍋、わりと前から買おうかどうしようか迷ってるんですよねー、じつは(笑) 時間短縮も魅力だし(これで大豆を戻すのも苦じゃなくなる!)、圧力鍋でしかできないものとか調理法とかあるもんね。買ったらまた報告します!

あとコメントが入ってなかった件ですが、送信ボタンを押したあとにスパム防止用にコードを入れないといけないときがあるので、そのせいかも。送信ボタンを押したあとの画面を注意して見てみてください!

投稿: manavic | 2007.11.24 16:32

サブい人ですが何か?
あー、このブログつまんない
食い物ネタばっかりだもん(苦笑)

投稿: 妻 | 2007.11.24 22:34

ご出産おめでとうございます。以前お世話になりましたてっぺんです。この度10月2日に烏丸五条サンクロレラ裏にオープンしました。075*341*4129 今大変忙しい時期だとは思いますけれども、覚えておいていただけたらありがたいです。 PS オープンのお知らせをバソコンからしたのですがうまくいかず、携帯からの送信を教えてもらい、やっと今お知らせ出来るようになりました。
またよろしくお願いします。

投稿: 京やき肉、もつ鍋よし田 | 2007.12.03 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/17077673

この記事へのトラックバック一覧です: 子供が産まれてから・1:

« 十勝新津製麺「札幌らーめん五丈原 とんこつしょうゆ」を食べる | トップページ | 謹賀新年 »