« F田の送別会、あるいは料理の本質 | トップページ | 「日清Chin アラビアータ」を食べる »

2007.09.09

寿がきや「大阪なんばの醤油ラーメン」を食べる

ブログのデザインをリニューアルしている間に、カップ麺のほうもだいぶたまってしまったのでぼちぼちいきます。

Sugakiya_osaka_nambaP1080209寿がきやは正直わりとはずれが多い気がするんだけど、「白菜の旨み」の触れこみに誘われてついつい。で食べてみたら、これがなかなかのあたり。ベースのスープはあっさりとしているのだが、薄味のカップ麺のスープにありがちな嫌みがなくストレートな印象。たしかに野菜系の旨味が利いているし、唐辛子がほどよいアクセントになっている。中細ぐらいのノンフライ麺も喉越しがよくスープによく合っていて○。でも白菜は、せっかくの看板なんだからもう少し入れてほしかったかな。

ぜんぜん関係ないけど、『HERO』公開記念ということで、HERO度チェックをサイドバーに入れてみました。僕は2問(3問かな?)不正解で80点でした(笑)。

|

« F田の送別会、あるいは料理の本質 | トップページ | 「日清Chin アラビアータ」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/16391692

この記事へのトラックバック一覧です: 寿がきや「大阪なんばの醤油ラーメン」を食べる:

« F田の送別会、あるいは料理の本質 | トップページ | 「日清Chin アラビアータ」を食べる »