« 生協でお買い物 | トップページ | 日清「チキンラーメンどんぶり プラス野菜カレー」を食べる »

2007.08.25

日清「焼チキン」を食べる

今日8月25日が何の日か、みなさんもちろんご存じですよね?(笑) そう、チキンラーメンの日です。安藤百福の「発明」、チキンラーメンが1958年、大阪卸売市場で正式に商品として認められたのが今日なのだとか(詳しくは日清食品アーカイブを)。そんなことを知ったのが先月の末で、それからちょこちょこチキンラーメンを食べていたのですが、今回はこの夏発売の、チキラーの焼きそば版ともいうべき焼チキン。

Nissin_yakichikinP1080178とりあえず初めて食べる焼チキンなので、袋裏側のレシピどおりに調理。フライパンにゴマ油をひいて溶き卵を炒め、そこに水を230cc投入。沸騰したら焼チキンを入れ、1分経ったら裏返す。水分が飛んでチリチリいいだしたらできあがり。盛りつけて、刻んでおいた青葱を散らしていただきます。食べてみて、さすが日清上手いなと思ったのは、チキンラーメンの香ばしさや基本的な味つけを踏襲しながら、焼きそばチキラーを作ってしまったというところ。焼チキンの存在を知らない人が食べてもまず間違いなくチキラーとわかる味なのに、スープを吸った炒り卵や炒めた麺の食感は、まったく新しい体験。シリーズ製品ってのはこうやって展開させるんですねというまさにお手本とでもいうか(笑)。味的には、基本的には十分な味つけがなされているんだけど、どちらかといえば控えめなので、自己流アレンジの余地は大いにあり。今回は黒胡椒と辣油を試してみたんだけど、どちらもなかなか。隠し味としてもとから使われているオイスター・ソースを増量したり、ほんとのソース焼きそばにしたり(?)とか、いろいろできそう。作ってみて実際、これまでのチキラーよりなんとなく調理も楽しいし(で、ついつい堆く盛りつけてしまったと:笑)、当初の利便性だけでなく、作る楽しみ、アレンジする喜びをアピールしてきたチキンラーメンらしい新作です。

|

« 生協でお買い物 | トップページ | 日清「チキンラーメンどんぶり プラス野菜カレー」を食べる »

コメント

これってやっぱり調理次第で味が変わるんでしょうかね。
私の場合失敗したのか微妙な感じでした…orz。
どうやら再チャレンジの必要がありそうですね。

投稿: nemoba | 2007.08.25 09:09

nemoba さん
コメントどうもです。味が変わるかといわれると微妙ですが、火加減が違えば焦げてしまうこともあれば、水分が飛ぶころには麺がぶよぶよになってしまっていることもあるでしょうから、調理のさいにいろいろ違いが出てくるってことはありそうですよね。僕も今回はうまくいったかなという気がしましたが、チキンラーメンを鍋で作ったときは、卵が半熟になるのを待っている間にだいぶ麺がのびてしまいましたし。

投稿: manavic | 2007.08.26 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/16228995

この記事へのトラックバック一覧です: 日清「焼チキン」を食べる:

« 生協でお買い物 | トップページ | 日清「チキンラーメンどんぶり プラス野菜カレー」を食べる »