« 十勝新津製麺「麺がうまいソース焼そば」を食べる | トップページ | サンヨー食品「サッポロ一番 九州小倉名物 焼うどん ソース味」を食べる »

2007.06.23

日清「あんさんのラーメン 醤油とんこつ味」を食べる

Nissin_ansan_shoyutonkotsuP1070382 前回の「白味噌」に引き続き、醤油豚骨。オプションの具材は少しよぶんめにもらっていたので、今回はなんと全部のせに加え叉焼ダブルで(笑)。今回のスープは典型的な醤油豚骨。ちょっと和風成分っぽいニュアンスを感じたが、原材料表示を見る限り気のせいかな。前回も極太メンマに感動したが、今回のスープにはまさにぴったり。巻きバラの叉焼や煮玉子も醤油ベースのスープのほうがより引き立つ感じ。逆に野菜はどうかなとも思ったのだが、これも案外平気。これだけ贅沢に具材を乗せまくっておいしくなかったらそれこそ悲劇だが、なかなかの満足。でも個人的には、あまりにティピカルなこの醤油とんこつよりも、上手にまとめた白味噌のほうがおもしろかったかな。ちなみにこの「あんさんのラーメン」、本体(麺+スープ)は140円、具材は一種類につき100円。具材を一つだけ買って240円、というのは妥当な価格設定だけど、それじゃあさびいしいからと二つのせたら340円。これはいたい。二つのせて298円ぐらいだったらちょうどぴったりなんだけどな。

P1070318今回の麺+スープと具材とを分けて販売というアイディアについて少しだけ。基本的にはおもしろいアイディアだとは思うんだけど、それと同時にカップ麺の宿命のようなものを感じた。僕にしてもこうやってあれこれカップ麺を食べてはそれについて書くということを日々やっているわけだけど、好きな麺とスープ、それから具材を組みあわせていつでも自分の食べたいカップ麺が食べられるようになってしまったら、それはそれで案外面白くないんじゃないのかなということ。それはまた、カップ麺に限らず、食べ物を食べるとき、僕たちはいつも「思いがけない何か」を期待してるんじゃないのかな、ということでもある。どうだろうか。

ちなみに家人によれば、映画『舞妓Haaaan!!!』は興収30億を狙おうかという大ヒットだそうです。僕も早く観ないとね(笑)。

Bn468_60

|

« 十勝新津製麺「麺がうまいソース焼そば」を食べる | トップページ | サンヨー食品「サッポロ一番 九州小倉名物 焼うどん ソース味」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/15525164

この記事へのトラックバック一覧です: 日清「あんさんのラーメン 醤油とんこつ味」を食べる:

» あんさんのラ−メン 醤油とんこつ味 (No.560) [寝モバ - 【カップ麺を勝手に評価】]
映画「舞妓Haaaan!!!」と日清のコラボレーション商品で、ベースのカップ麺の具はネギのみで、お好みで別売りの「日清の具」シリーズをトッピングして食べるという商品。 スープはポークベースにチキンエキス、魚介エキスを加え、赤唐辛子、ジンジャーを効かせた豚骨醤油味...... [続きを読む]

受信: 2007.06.25 11:22

« 十勝新津製麺「麺がうまいソース焼そば」を食べる | トップページ | サンヨー食品「サッポロ一番 九州小倉名物 焼うどん ソース味」を食べる »