« 米沢へ | トップページ | 味噌を仕込んでみた »

2007.05.24

日清「ラーメン発見伝 焼魚旨味〈醤油豚骨〉」を食べる

食べてまだ書いていないものがいっぱいあるし、まだ頂き物特集の最中なんだけど、またまたおいしかったので速報。

Nissin_ramenhakkenden_yakizP1070098「ラーメン発見伝」は『ビッグコミックスペリオール』誌連載のマンガ。僕も一度だけ読んだことがあるんだけど、ありえねー!的ラーメンを作っちゃってるのがなかなか痛快。その「ありえない」ラーメンを商品化しようというメーカーがあるのだから、買わずにはいられない(笑)。で、早速食べてみたのだが、まずお湯を注ぐと強烈な焼き魚のにおい。たとえていうなら、たたきにされて冷凍されて解凍されてさらにちょっと日が経った鰹のようなにおい。あまり健全なにおいではないから、いやな人はこれでダメかも。スープはかなり魚介が利いているのだけど、においから想像していたほどのものではなく、なるほどこんなところかなという感じ。麺は細いわりには腰があってなかなか。ところが、なんですねー、これが。レトルトで入っていた鰹のスモークがいわば叉焼がわりなんだけど、これが旨い。赤身の魚らしく肉々しい旨味をもっていて、一口口にすると、あっ、早く麺をすすらなきゃ、って気分になる。ちょうど京都の古典ラーメン、四天王系ラーメンで、叉焼がおかず、麺がごはん、ってのと同じで、この鰹のスモークがきちんと「おかず」としての役割を果たしてくれてるんですね。これには正直感動。それと同時に、たとえレトルトでほろほろのものであっても、カップ麺の叉焼がなかなかおかずとしての役割を果たしてくれてはいないことに今さらながら気がつきました。ちょっと感動の一杯。今度鰹のスモーク作ってみよ。

|

« 米沢へ | トップページ | 味噌を仕込んでみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/15188882

この記事へのトラックバック一覧です: 日清「ラーメン発見伝 焼魚旨味〈醤油豚骨〉」を食べる:

» ラーメン発見伝 焼魚旨味醤油豚骨 (No.552) [寝モバ - 【カップ麺を勝手に評価】]
小学館「ビッグコミックスペリオール」に連載中の漫画「ラーメン発見伝」とのコラボレーション商品で、「ラーメン発見伝」単行本第11巻の「銚子港フェア」を題材にしたものらしい。 スープは豚骨だしと鰯、鰹、鯖等の魚だしを合わせたWスープの和風醤油味。確かに焼き魚の...... [続きを読む]

受信: 2007.06.07 12:46

» ラーメン発見伝・焼魚旨味(醤油豚骨) [趣味の事典]
読んだ事はないのだが架空のラーメンを作る漫画があって、その話しを元に創作したのがこのカップ麺らしい。 ふたの裏 表、こっちが具体的な内容。この内容を元に創作したらしい。 レトルトはチャーシューではなくカツオであった。 スープは魚介の味が濃厚でした。マンガに書いてあるような「トンコツダシとの一歩も譲らぬせめぎ合い」というのは感じなかったなあ。新潟にはこういうスープのお店多いかも。あづまやとかこの味に近かったです。でもチャーシューの代わりにカツオが載ってる店は知らないなあ。麺はモチモ... [続きを読む]

受信: 2007.06.08 13:45

» ラーメン発見伝/焼魚~ [湘南ラーメン食べ歩記]
日清 ラーメン発見伝 焼魚旨味醤油豚骨 しっかりとした歯応えとつるみのある中太ノンフライめんと、豚骨だしと鰯、鰹、鯖等の魚だしを合わせたWスープ。焼き魚の香ばしい香りと唐辛子の辛みが絶妙です。具材の白髪ネギ、青ネギとしっかり味付されたスモークかつおが旨..... [続きを読む]

受信: 2007.06.16 04:57

« 米沢へ | トップページ | 味噌を仕込んでみた »