« 明星「カレー麺」を食べる | トップページ | エスビー「ムースみたいな!くちどけカレー」を食べる »

2007.02.08

最近食べたもの[1/29〜2/5]

相変わらずバタバタしていて、だいぶ前の宴会の報告と日々食べるカップ麺の報告ぐらいしかできていない毎日。ついさっき仕事が一つ片づいた(とはいえまたすぐに次が待っているんだけど)ので、ここ一週間ぐらいに食べたものをまとめてレポート。

P1050728年末に家人の実家に餅つきに行ったとき、家人の父上のカレーをご馳走になった。父上曰く、「ま、ただのジャワカレーやけどな」。そのただのジャワカレーが旨かった。それをある夜思いだしたが最後、どうしてもジャワカレーが作りたくなった。もうだいぶ市販のルーでカレーなんて作ってないが、たしか家人の買い置きがあったはず、と台所を探すと、こくまろだの2段熟カレーだのしか出てこない。しょうがないので24時間営業のスーパーに出かけ、ジャワカレーをゲット。で、作ってみたのがこのカレー。ちょっとスパイシーだけどなんかチープな感じ、というのが僕のジャワカレーのイメージなのだが、野菜をたくさん真面目に炒めて入れたら、なんだかとてもおいしくなってしまった。おいしいのにはわけがあって、ほんの数枚なんだけど、先日吉田(仮)さんに頂いた白金豚の肩ロースの残りが入ってるんですねえ。翌日冷えた鍋の蓋を開けてびっくり。縁のあたりにちゃんと豚の脂が固まっているのである。そりゃあおいしいわけだ。

P1050741P1050748これはある日の朝ごはんの味噌汁になったなめこ。とにかくめちゃめちゃでかいのである。ひっくりかえしてみてびっくり。表面のぬるぬるの正体であるゼラチン質が傘の裏側にまで回り込んでいるのである。もちろんできあがった味噌汁にはほどよく濃度が。こういうなめこをいっぱい使ってなめこのテリーヌ……やっぱダメか(笑)。

P1050747糠床は相変わらず絶好調。とある人に教えてもらってから、糠の表面にキッチンペーパーをかぶせておいておくようにしている。ペーパーが適度に水をとってくれるのだ。それ以来調子がいいような気がする。このころまでは胡瓜はへたを切って漬けていたが、最近は胡瓜もヘタのまま漬けている。最近は茄子もそれなりに上手に、それほど色落ちもせずに漬かるようになった。これも最近教えてもらったことだが、色落ちさせないコツは、釘などの金属を入れることよりもむしろ、漬ける前にしっかり塩でじょりじょりと擦ること。キッチンペーパーや茄子の塩のことを教えてくれたのは、とみ寿司のおっちゃん。百万遍にもとみ寿司があったころには、百万遍の店長さんだったおっちゃんである。おっちゃんに報告に行かなくてはと思いつつ、ぜんぜん行けていないのが残念。

P1050786マクロビの試験的実践は細々と続けてはいるのだが、未だ朝ごはんの玄米止まりなので記事はぜんぜん書けていない。写真は以前にも紹介したとちぎや納豆店の乾燥納豆の炊き込み玄米ごはん。玄米との相性という点では◎なのだが、この間書いたように、最近は圧をかけるために重石をのせて玄米を炊いているので、納豆の方がくにゃくにゃになってしまうのがちょっと難点かな。

Dvc00134先週末、家人が仕事でお世話になっている方に教えていただいたという店に。わりと早い時間から開いていて、安くて豪快、そして旨い、というタイプの店。ホワイトボードに雲丹、2500円とあるのだが、頼んでみると写真のように一舟丸ごと。これをちびちび食べていると大将に叱られる。「そんなちびちび食べてたあかん。ちょっとその海苔まずもってみ。ん、それに雲丹乗せて。あかん、もっとや。そんなんまだまだあかん、もっとや。うんよし。そこにちょ、っと山葵つけて、ん、くるっと巻いてちょこっと醤油つけて食べてみ……なぁー!」てな具合である。雲子を勧めていただいたのだが、勧め方も至ってシンプル。「おにいちゃん、雲子食べるか、ん?、うちのはよぉけ入ってんで」。おいしいものをちょっとだけ、という志の方には間違ってもおすすめしないが、晩ごはんのあてのない夕方に前をふらっと通ったら間違いなく入ってしまいうお店である。

P1050803P1050809同じく週末、何年ぶりかに吉田神社の節分へ。昼間にいくのはじつは初めてだ。上の方まで上がるとおいしい恵方巻きのお店があるのでそこまで、と思っていたが、人の多さに断念。結局食べたのは(ってごはんを食べに行ったわけではないのだが)、お好み焼きと、薩摩地鶏の屋台で売っていた豚バラの塩焼き。お好み焼きは、マヨネーズ山盛りで、といったらほんとうに「山盛り」にしてくれた(笑)。豚バラは何と1本で500円もするのだがなかなか旨い。鉄板で重石をして焼くのがちょっと残念。昔ながらの屋台も流行りすたりがあるようで、最近の流行りは「はし巻き」らしい。

P1050817P1050820これまた週末に辛い鍋。市販のキムチ鍋のもとを昆布だしで薄めて、さらに豆板醤、コチュジャンなどを足しただしで、鱈や豚を食べた。最近うちの鍋はヘルシー志向なので、野菜もたっぷり。これは僕の好みだが、辛い豚の鍋にはもやしがぴったり。豚もしゃぶしゃぶ状態、もやしもまだしゃきっと食感が残っている状態で、くるっと巻いて食べるのである。鍋に浮かんでいる怪しげな物体は、鶏、にんにく、豆腐の団子。ほんとは軟骨なんかも入っていると食感的にもいいのだが、この日はこれだけ。これは最初から入れてじっくり煮こむと柔らかくもなるし、だしに味も出て◎。右の写真はシメのラーメン。先日新年会でお邪魔したお宅では、乾麺を使っていらっしゃって、それに感動し、うちも久しぶりに鍋のシメにラーメンを、と思ったのだが、家にあったのが生麺だったので、結局いつもと同じ生麺。生麺だと表面に付いている粉のせいか、スープ全体がどろっとする。僕はそれも好きなんだけど、だしの残りが少ないと麺に火が通る前に焦げてしまうので要注意。
 この日使った市販のたれは、大昔に紹介した、京都は大原の志野というお店の、「ほんまに辛いキムチ鍋のもと」という商品。家人は辛いからいとひーひーいってたけど、これはなかなかいけます。

P1050828P1050830調子に乗って翌日も鍋。今度は豚オンリーで、しゃぶしゃぶ風。またまた豚なのだが、バラ肉の方はまたまた吉田(仮)さんご提供の白金豚なのである。さすがに旨い! 油の旨味がぜ〜んぜん違うのだ。プレインな肉の鍋のときに欠かせないのが、かんずりなどの辛い卓上調味料。かんずりがなくなったので、冷蔵庫にあった柚子胡椒(赤青二色!)や、家人が最近頂いて帰ってきた「液体柚子こしょう」こと「柚子ペッパーソース」も投入。大分のフンドーキン謹製のこの液体柚子こしょう、なかなかいけました。

|

« 明星「カレー麺」を食べる | トップページ | エスビー「ムースみたいな!くちどけカレー」を食べる »

コメント

出発する前にうにの大人食い、してみたいです。

「はし巻き」が流行っているのですか?福岡では定番の屋台ですが、東京や京都ではみないなあと思っていたのですが。ちなみに、「ソースせんべい」は逆に福岡ではみたことがありませんでした。こちらでいう「ベビーカステラ」は福岡では「東京ケーキ」でした。

投稿: 犬 | 2007.02.09 14:31

じゃあ、4人で出かけて2船ぐらいいきますか(笑) しかしあん肝も山盛りだし、尿酸値に不安のある方には絶対お勧めできないお店です(笑)

「はし巻き」というものを見たのは僕は今回が初めてでした。それが何軒もあるので、最近のブームなのかな、と。お祭りとかあまり行かない方なのでほんとのところはよくわかりません。あとは漬物や七味、山椒などの屋台があるのが京都らしいですね。その夜行った百万遍の某バーでは、参道の入り口にずっとあった靴屋がなかったというのが話題になっていました。「東京ケーキ」、なんかかわいらしいですね。「地名+馴染みのある普通名詞」って組み合わせが、まるで舶来ものににわかにつけたよう名前のような感じで。

投稿: manavic | 2007.02.09 14:39

はし巻き、鹿児島にもありました!でもベビーカステラはその名前のままだった気がします。

それから、サツマイモスティックなどは地元にいたときは一度も見たことがありませんでした(もしかしたらあまりにも地元の食材としてなじみがあるので値段設定が難しかったのかも…)

屋台にも地域差があるっておもしろいですね(^^)

投稿: あづぶう | 2007.02.18 14:28

屋台の人たちって、比較的広い地域を車で移動しながら店出すでしょ? あれで地域ごとの流行の交流みたいなのがあったりするのかななどと思ったりもして。まるで大昔、通信が発達していなかった時代に、行商人がニュースを運んでいたように。

ところで鹿児島だったら、やっぱり薩摩揚げの屋台とかあるの?(ベタな質問でスマン!)

投稿: manavic | 2007.02.18 15:29

なるほど!確かにそういう風にして伝わるんでしょうね(^^)「あの辺では何々が大人気だった」みたいな…節分祭では隣の屋台のものを食べてるお店の人、結構見かけました。そういう交流もあるんですね。

ちなみに薩摩揚げは流石に無かった気が(笑)豚の串焼きはありましたけど。
あ、そういえば中学の時クラスに薩摩揚げ屋の息子がいて、こっそり家から持ってきた薩摩揚げを休み時間に男子が食べてました。すごいおやつ…

投稿: あづぶう | 2007.02.21 11:02

しかし、お好み焼き屋が、じゃあうちもちょっとはし巻きも売ってみるか、みたいな感じで他所の屋台の客をとったりするようなことはけっしてしない。きっとこわーい仁義があるんでしょうね(笑)。

薩摩揚げは、以前にも書いたけど、去年鹿児島に行ったとき、新幹線を降りたところに(まだコンコースない!)焼酎バー+薩摩揚げスタンド(?)があったので、屋台でもあるのかなあと思ったのでした。おやつの薩摩揚げの話は、「薩摩揚げ屋」専業という業態があるのにまずびっくり。「肉屋のコロッケ」みたいな感じで、魚屋が薩摩揚げをあげて店頭で売ってる、のではなく、薩摩揚げばっかりやってるってことやんな!? これはけっこうびっくりだよ(笑)。

いやあ、いつかあづぶぅのナヴィゲイションで鹿児島ツアーしてみたいものです。

投稿: manavic | 2007.02.21 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/13830460

この記事へのトラックバック一覧です: 最近食べたもの[1/29〜2/5]:

« 明星「カレー麺」を食べる | トップページ | エスビー「ムースみたいな!くちどけカレー」を食べる »