« そして餅つき | トップページ | サンヨー食品[サッポロ一番]「スープカレー麺」を食べる »

2007.01.04

丹波へ

P1050359もう少し時間をさかのぼって、もう一つ年末恒例の行事、丹波の餅つきの話。丹波に着いてみると丹波は前日からの雪が写真のとおり思いきり積もっていた。

P1050308早速晩ごはん。鍋をしたいから白菜を、とお願いしたら、こんなすごい白菜が! 農業をしていらっしゃる知り合いの方からいただいたのだとか。
P1050311 鍋は、京都で家人が家人のお父上と買い求めたあんこうで。いわゆるあんこうの「七つ道具」の一つである皮のゼラチンがたまらない。同じく七つ道具の一、肝は、あん肝として食べるかそれともだしに濾し入れるかについて延々話をしたのだが、火を通してみたら意外に上手にできたので(ちょっと火が通りすぎたけど)、あん肝ぽん酢にて。これもまたよし。
P1050339 最後はもちろん(?)雑炊。これまた絶品。

P1050337P1050342家人が漬け物をいろいろと持参した。家人のおじいちゃん、おばあちゃんに千枚漬けをおすすめしたら(左)、何と自家製の千枚漬けが(右)! 道具がないさかい薄ぅ切られへん、とおばあちゃんはおっしゃていた。左の市販品に比べるとたしかにいくぶん分厚いが、味がとてもよいのである。僕もこの冬は一度自分で漬けてみようと思っていたのだけれど、いい勉強させていただきました。右は恥ずかしながらもっていったうちの糠漬け。茄子は最近いい感じ。大根は今回初めてうまくいったかな、という感じ。

P1050346P1050356長い夜のお供は、先日いただいた、Gros Frère et Sœur: Bourgogne Haute-Côtes-de-Nuits 2003。左の写真は家人の父上のお土産。チョコレートなのだが、何とマールのチョコレートとスコッチのチョコレート。食べてみると、うーん、いわれたらわかるかな、という感じなのだが、もともとのチョコレートがおいしいので幸せ。

P1050385夜食に、家人の父上お手製のハウス・ジャワカレーをいただく。ちょっとだけのつもりで小鉢に一杯だけいただいたのだが、野菜たっぷりの懐かしい味に火がついた食欲は留まるところを知らずおかわり、翌日の思いきり備えてしまいました(笑)。

|

« そして餅つき | トップページ | サンヨー食品[サッポロ一番]「スープカレー麺」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/13331767

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波へ:

« そして餅つき | トップページ | サンヨー食品[サッポロ一番]「スープカレー麺」を食べる »