« 明星「うまさ極まる! ラーメンの底力 中太麺と濃厚みそ」を食べる | トップページ | 魔法の湯豆腐 »

2007.01.11

玄米の食べ方

「玄米って美味しいの?」と聞かれることがあります。そんな時の私の答えは決まっています。「はい、世界一です」

マクロビオティックの普及団体、日本CI協会の会長、勝又靖彦氏は協会のHPにこう書いていらっしゃる。僕は玄米食は嫌いではないが、玄米が世界一おいしいといわれると、正直、抵抗がないではない。今年の初めに精米機を買ってから七分づき、五分づき、三分づき、玄米といろいろな米の食べ方を試したが、それをとおして、やはり米は白米で食べておいしいことを目指して進化してきたのだと痛感した。そういう意味では、玄米が白米より旨いともしいわれると、そういうものかなあと訝しく思ってしまう面もある。しかし逆に、勝又氏が述べていらっしゃるよう、なるほど玄米を一口一口噛みしめながら食べる体験には他の何にも代えがたいものがある。だとすると、その「代えがたい体験」を「おいしい」と表現するかどうかというだけの、たんなる言葉の問題なのかもしれない。

P1050183玄米をさらにおいしくなのか、できるだけおいしくなのかはわからないが、おいしく食べる工夫もそれなりにがんばっている。写真は黒米と炊いた玄米。これはおいしく食べる、というよりは、奇を衒っただけという気もしないでもないが、黒米と食べれば健康にいいことをしている気になれる度合い3割増しです(笑)。

P1050195何度も言及している「キット」には「玄米チャーハン」なるメニューもあったので、炒飯も試してみた。写真は梅と椎茸の炒飯。マクロビしばりだと玉子が使えないので、上手にぱらぱらになるかななどと心配したが、要らぬ心配だった。玄米がふっくら炊きあがらない方が炒飯には向いていたりして(笑)。炒め油も極力減らそうということで、炊くときに少しだけ油を足して炊き、炒めるときには油を足さずにチタンの中華鍋で炒めた。肝心の味のほうはなかなかで、それで思ったのは、玄米は炒めるという調理法、あるいは油と相性がいいのかな、ということ。炒めて食べるとなると、いろいろ具材の可能性も広がるわけで、これはなかなか面白いかもしれない。

P1050248これはひじきと竹輪で炊きこんだごはん。これもなかなか美味しいのだが、ひじき自体油で炒めて炊くものだから、やはり玄米は油と相性がいいのかも。ちなみに竹輪は先日Iがお土産にくれた宇和島の「牛鬼ちくわ」。また遠くのものを使ってしまいましたが、これも旨いです(笑)。

P1050249玄米を上手に炊くことができるようになってくると、プレーンの玄米も悪くはない。いろいろ試してからプレーンの玄米が美味しかったりすると、たしかに玄米旨いかも、などと思ってしまう。写真のように、いつもは家で漬けた糠漬けと食べるのだが、さっきの梅チャーハンではないが、梅干しもよく合う。ただし梅干しは陰陽的にはかなり陽性。陽性体質の僕が梅干し好きなのはマクロビ的には間違い?(笑) 陰陽といえば、上の二つの味噌汁は豆腐のお味噌汁だけど、味噌は陽性、豆腐は陰性なので、マクロビ的には味噌汁の具には豆腐がよろしいようで。

P1050544P1050553最初は炊飯器で炊いてみたり、ふつうに羽釜で炊いてみたりしていたのだが、最近はこんな感じで炊いてます。濡れ布巾で穴をふさいで、さらに1kgの重石。強火で沸かして、それから1時間ぐらい火を通す。最後に水気を飛ばして、15分ぐらい蒸らしたらできあがり。こうするとかなりふっくら炊けます。ふっくら炊けると、たしかに香ばしい香りを味わいながら漬物だけで食べるのもよし。なかなか奥深いですね。もうちょっといろいろ試してみます。

|

« 明星「うまさ極まる! ラーメンの底力 中太麺と濃厚みそ」を食べる | トップページ | 魔法の湯豆腐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/13215471

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米の食べ方:

» 玄米とは [自然食のレストランやバイキングに自然食ビュッフェ大地の贈物 玄米発芽玄米酸素ダイエットで無農薬採食で健康に!]
日本にとってお米は、数ある穀物の中でも日々の主食として大切にされています。調理方... [続きを読む]

受信: 2007.07.03 14:13

« 明星「うまさ極まる! ラーメンの底力 中太麺と濃厚みそ」を食べる | トップページ | 魔法の湯豆腐 »