« 魔法の湯豆腐 | トップページ | 十勝新津製麺「〆の一杯 あっさり醤油ラーメン」を食べる »

2007.01.12

第12講:華祥へ

17年近く前京都に引っ越してきて初めてすんだのが百万遍。かれこれ10年以上その周辺に住んだので、じゃあもう庭ですね、とよくいわれるのだがそうでもない。その当時から、好きな店には通いつめる、新しい店にはよほどのきっかけがないとまず行かない、という体質だったのもあるし、もう一つには、街はずれの学生街なのに案外店の入れ替わりが激しいという事情もあるのだ。17年前にはなかったような、小洒落た、味もいい店が増えるのはおおいに結構だが、気のいいおっちゃんがやっている小さい店が、学生がバイトで働く大規模のチェーン店にとって代わられるのは胸が痛む。学生の内輪で閉じてしまいそうな生活の中で、僕に「京都」を教えてくれたのは、ごはん屋のおっちゃん、おばちゃんたちだった。他所から来て、やっぱり他所から来た学生たちが働く店で飯を食い、酒を飲むのであれば、それは京都に住みながら京都に済んでいないようなものである。

Dvc00131今日行ったのは、僕が百万遍を離れたあとにできたお店。学生時代しょっちゅう利用した5円コピーが、気がついたらとても美味しい中華屋さんになっていたのである。小さいお店で、メニューも、ふつうの町の中華屋みたいに何でもありますというスタイルではなく、その分味はたしか。何といってもご主人は、僕が中華の師と(勝手に)仰ぐK御大の先輩にあたる方なのだから。今日いただいたのは担々麺。写真を撮らなかったのが今になって悔やまれぐらい美しい朱色のスープ。味ももちろん絶品で、担々麺党汁なし派からスープ派へ転向しようかと思うぐらいのコクの深さ。そしていつもながらのご主人の職人気質に心洗われ。ごちそうさまでした。

|

« 魔法の湯豆腐 | トップページ | 十勝新津製麺「〆の一杯 あっさり醤油ラーメン」を食べる »

コメント

華祥!担担麺!横浜まで出前してほしいであります(涙)
華祥は夜の定食もとても素敵ですのでkinpoco前の腹ごしらえにいかがでしょうか?

投稿: M田 | 2007.01.13 00:47

この間、金曜日ではなかったかもしれないけれど、開店待ちの時間に腹ごしらえにいってきました。ちょこちょこつまみながら一杯飲むか、のつもりだったんだけど、麻婆豆腐であえなく腹一杯に。今度は二、三人で行きたいですね。

投稿: manavic | 2007.01.13 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/13450848

この記事へのトラックバック一覧です: 第12講:華祥へ:

« 魔法の湯豆腐 | トップページ | 十勝新津製麺「〆の一杯 あっさり醤油ラーメン」を食べる »