« 第11講:オ・タン・ペルデュへ | トップページ | フリーフード宣言 »

2006.12.26

帯広商工会議所×十勝新津製麺「十勝ラーメン しお味野菜炒め風味」を食べる

Tokachiniitsu_tokachi_shioyほんの数日前、ブログをいつも読んでくださっているという方からお便りをいただいた。北海道は帯広で「十勝ラーメン」を開発している、それもご当地十勝新津製麺とタイアップでとのお話を聞かせていただいた。それも、よかったら食べてみないか、という光栄なお申し出までいただいた。とても嬉しいのだがご厚意に甘えるのもと思い、こちらで手に入るものであれば自分で食べてみますとお返事したのだが、結局北海道からお送りいただくことに。その荷物が昨日届いた。この「十勝ラーメン」、今回がシリーズ第三弾とのことで、今回はしお味がテーマ。早速今日一ついただいてみた。

P1050288作ってみるとごらんのとおり、澄んだスープの正統派塩ラーメン。おまけに野菜いっぱい! そしてこれが旨いのだ! ごはんにおかずや味噌汁が必要なのと同じで、ラーメンの麺もやはり叉焼と食べたり、スープをからめて食べたりするものだと思うけど、野菜と食べるラーメンがこれほどおいしいと思ったことは、リアルのラーメンを合わせても今まで一度もなかったかもしれない。それもたっぷりあるから麺といっしょに食べ続けても最後の最後まで野菜がいっしょ。そしてまたスープがおいしい。タンメンふうのあっさりしたスープなのだが、ここに野菜の旨みが溶けだして、文字どおり最後の一滴まで飲み干せる。作った旨みではなく、いろいろな野菜から旨みが溶けだしてできた複雑なおいしさだから、途中で飽きることなんて絶対にない。野菜たちが生みだすやさしい味を味わっていると、体にいいことをしている気にさえなる。氷結乾燥ノンフライ麺という武器でいろんな名店の味を「再現」してきた十勝新津だが、この「十勝ラーメン」は、間違いなく十勝新津の傑作でもある。

P1050280右の写真はお湯を注ぐ前の野菜たち。いっぱいでしょう!(笑) キャベツ、ニンジン、南瓜、インゲンの四種類なのだが、どれも十勝産とのこと。麺に使われる小麦粉は「春の香りの青い空」と名づけられた、キタノカオリを中心とするブレンド小麦なのだが、これも十勝産100%。キタノカオリは、「中華麺に適している」と十勝新津の新津社長も絶賛。最近はどこの地方でも、地元の原料100%の製品作りをやっている。ブランド化によって競争力を云々、というやつである。しかしこの「十勝ラーメン」のねらいはあくまでも「地産地消」。ネットを調べてみて、この十勝ラーメンを取り寄せることができることもわかったが、ネットでのお取り寄せのための割りあても、合計5,400個限定のうちの12個入り×10箱のみ。あくまでも、十勝の人が作った十勝の人のためのカップ麺なのである。こうやって作られたカップ麺をとおして遠くに住む僕たちが十勝発のおいしさを知ることができたとしたらそれはもちろん素晴らしいことだし、それによって十勝の農業経済が発展、安定するのであればそれはなおさら素晴らしいことだ。でも、大間の人たちが大間の鮪を食べられなかったり、大分の人たちが関さばを食べられなかったりするように、十勝の人たちが十勝のおいしさに気がつかないんじゃ何も意味がない。これを食べた十勝の人が、やっぱりうちの野菜はカップ麺にしても旨いな、って、十勝のことをもっと誇りに思うようになったら、それは一番素敵なことだ。ちょっと大げさかもしれないけど、麺の一本一本に十勝の人たちの熱い気持ちが流れているようなラーメンです。心から、ごちそうさま!、です。

|

« 第11講:オ・タン・ペルデュへ | トップページ | フリーフード宣言 »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 伝わる履歴書 | 2014.08.20 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/13211767

この記事へのトラックバック一覧です: 帯広商工会議所×十勝新津製麺「十勝ラーメン しお味野菜炒め風味」を食べる:

« 第11講:オ・タン・ペルデュへ | トップページ | フリーフード宣言 »