« 今週の晩ごはんから | トップページ | 久しぶりに牛のしゃぶしゃぶ »

2006.11.11

へしこのこと

この間の月曜日は某会合のあと会食。最後のごはんものでも頂いてしめようという話になった。お茶漬けは何があるのかと訊ねると、へしこのお茶漬けがあるというではないか。へしこというのは、若狭から北陸にかけての日本海側で作られる鯖の糠漬けのことである。僕の隣の席はいつもうちに遊びに来てくださる食いしん坊のI+K夫妻。一同激しく反応し、三人そろってへしこ茶漬けを注文。われわれの圧倒的支持を目の当たりにして、ほかの人たちもそれ以外のごはんものを頼むことができなかったのか、こちらのテーブルは全員がへしこ茶漬け(笑)。

Heshikoそのへしこ茶漬けがとてもおいしかったのである。おいしかったら家でも食べたくなるのが人情。うちには本来の鯖のへしこもあれば、河豚の子の糠漬け、鰯のへしこだってある。いきおい魚系糠漬け三種盛茶漬けに。手前左が河豚の子、右が鰯、海苔をのせた写真では隠れてしまっているが、奥にあるのが鯖である。先日のお店に倣い、お茶漬けではなく鰹だし。熱々のだしをかけると、薄く切ったへしこがちゅるちゅるっと丸くなる。へしこの旨みと塩気がだし全体にひろがるのがたまらなく旨いのだ。へしこもいいが、河豚の子も素晴らしい。だしの中でほぐしてちょっとふやけたごはんといっしょにすするともう最高である。

羽釜で炊いたごはんをおひつに移すようになってからは、ほとんど炊いたごはんをきれいにぜんぶ食べきっていたのだが、この日お茶漬けにしたのは前日、ついついおひつの中に残してしまったごはん。おひつの中だと、なんていうんだろう。ちょうどほどよい水加減のおひやになることを最近発見した。お茶漬けはおひやが一番、などとよく言うが、きっと昔の人はおひつの中でおひやになったごはんのことをいっていたんだろうなあと思う。

|

« 今週の晩ごはんから | トップページ | 久しぶりに牛のしゃぶしゃぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/12632679

この記事へのトラックバック一覧です: へしこのこと:

« 今週の晩ごはんから | トップページ | 久しぶりに牛のしゃぶしゃぶ »