« 第6講:食堂へ | トップページ | サンヨー[サッポロ一番]「塩カルビ味焼きそば」を食べる »

2006.11.01

イル・パッパラルドへ

Dvc00094久しぶりに女坂のイル・パッパラルドへ。以前からそうだったが、前菜、ピザ、パスタ中心のメニュー。いかにもギャルっぽいといってしまえばそれまでだが、それはそれで楽しい。今回は二人で行って、パスタ×3、ピザ×1、ニョッキ×1という選択。お前らそんな炭水化物が食いたいか、みたいな(笑)。写真はガルガネッリの猪のラグー・ソース。手打ちのガルガネッリを食べるのはこれが初めてかも知れない。これと前菜がわりに頼んだ、マグロのタルタルのフェデリーニがよかった。ワインは、Pecchenino: San Luigi Dolcetto di Dogliani 2000。この値段でこれだけしっかりとしたヴォリューム感があるというのはすごいことではあるけれど、逆にいえばこれだけ果実味を引きだし、樽香をつけてしまうと、ドルチェットってどんな葡萄だったっけと首を傾げてしまわないでもない。もちろんおいしいんだけどね。

|

« 第6講:食堂へ | トップページ | サンヨー[サッポロ一番]「塩カルビ味焼きそば」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/12515011

この記事へのトラックバック一覧です: イル・パッパラルドへ:

« 第6講:食堂へ | トップページ | サンヨー[サッポロ一番]「塩カルビ味焼きそば」を食べる »