« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.25

第8講:カミ家珈琲へ

Dvc00106カミ家珈琲は創業50年近い出町柳の喫茶店。僕にとっては、やっぱりここも「昔はよく通った」系のお店。珈琲もさることながら、ここのカレーが大好きだった。金曜日のお仕事、二週間休みが続いたあとの先週、このカレーを思いだしてじつはここに来てみたのだが何と臨時休業。それで今週二度目のチャレンジというわけである。

Dvc00107カレーセット(珈琲が付いてくる)を頼むと、ごはんが炊きあがるまでちょっとだけお待ちいただけますか、とのこと。あたりを見まわせばそれもそのはず、ほとんどのお客さんがカレーを食べている。そうしてでてきたのがこのカレー、その名も「ジャワカレー」である。ルーはわりとさらっとした感じで、けっして喫茶店や家のカレーの範疇を逸脱しないぎりぎりのラインでスパイシーなのが何とも心憎い。ぺろりと平らげ、食後の珈琲を待つ。

Dvc00108僕の記憶では、胃にもたれないよう工夫した、というのがこの珈琲のウリである。今でこそ、「本場の味」が「本物」と認識され尊ばれる時代だが、戦後間もないころにスタートしたお店だから、先代はさぞ日本人に受けいれられる珈琲とは、という問題に腐心されたのに違いない。僕はその「もたれない」ポイントは心地のよい酸味にあるんじゃないかと思っていたのだが、久しぶりに飲むカミ家の珈琲はちょっと違った味がした。家に帰ってから知ったのだが、いつも入り口のところでコーヒーの焙煎をしていらっしゃったマスターは一昨年になくなられたとのことだった。いかにも職人気質といった風で気難しそうな方だったから、一度もお話しさせてもらうことがなかった。いまとなってはそれが悔やまれるばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.12

久しぶりに牛のしゃぶしゃぶ

P1040868僕はしゃぶしゃぶが大好きだ。しゃぶしゃぶが好きだというだけでなく、もちろん部位にもよるが牛の一番おいしい食べ方ではないかとさえ思う。学生のころ、しゃぶしゃぶにしておいしいような牛肉を買う金がなかったころは、実家に帰るたび、母親に何か食べたいものがあるかと訊ねられると、しゃぶしゃぶを食べたいといっていたものだ。ここ何回かしゃぶしゃぶをご馳走になっているので、ほんとうは久しぶりではないのだが、ふだんしゃぶしゃぶといえば豚しゃぶを食べていることもあり、牛肉のしゃぶしゃぶとなると「久しぶり」と思ってしまう(と思って以前の記事を見たら、前回も「久しぶりにしゃぶしゃぶ」とタイトルをつけていた:笑)。今日のしゃぶしゃぶは、家人が百貨店で見つけてきた黒毛和牛のロースとモモ。あまりに立派なお肉で、怖くて値段も聞けなかった。味のほうもそれはもう、という感じだったのだけれど、今日書きたいのはその話ではない。

最近ちょっといいスーパー、肉屋、百貨店などの売り場でよく見かける、「個体識別番号」をご存じだろうか。日本で肥育されている牛の一頭一頭につけられた固有の番号であり、いわゆる「トレーサビリティー」の実装ともいうべきものである。これができてからは、肉のショーケースの前で値段と番号を見ながら、ははーん、この肉とこの肉は同じ牛で、こっちは別の牛だからちょっと安いのね、などとやる楽しみが増えたのだが(これはもちろんこのシステムの正しい使い方じゃないけれど)、今日の肉にはパッケージの裏側にまで、この識別番号と一つのURLが記されていた。URLの先にあったのは、独立行政法人家畜改良センターのホームページ。このページで個体識別番号を入力すると、自分が今まさに食べようとしている牛の来歴を知ることができる。生産者がそれを容認していれば、生産者の名、場所を知ることさえできる。僕が今日食べたロースは沖縄は宜野座村で生まれ、鳥取県東伯郡で育った牛のロース肉で、モモは徳島生まれで香川育ちの牛のモモ肉だった。それぞれの牛の出生の日ももちろん分かるのだが、ハッとさせられるのは牛の屠畜の日付、場所である。生まれた日だけであれば、そうか、この牛さんは2歳半だったんだね、ですむのかもしれないが、屠畜の日付はあまりに生々しいものである。そんなことを書くと、ヴェジの人たちにはそれみたことかと笑われるかもしれないが、何といったらいいんだろう、狂牛病のおかげで屠畜の日付や場所を僕たちが知ることのできるような社会になってよかったと僕は思う。これは、いやしくも肉を食べるのであれば、僕たちは知らなくてはいけない事実だ。

以前ここにも書いたことがあっただろうか。去年小樽の水族館に行った。北海道近海の魚の展示を見たあとで外に出ると食堂があった。中をのぞいてみると、ニシンが串に刺されて炭火のまわりで丸焼きになっているのである。いろいろな意味でハッとさせられる光景であった。丸焼きのニシンが意味しているのは、僕たちがきれいだねと水槽を泳ぐのをみていたニシンも食べうるものだという事実である。しかしそれはあまりにあたりまえのことで、それが人をハッとさせるのは、ふだんわれわれが、「生き物」としての魚と「水産資源」としての魚とをうまく分けて考えているからである。もちろんこのようなことは、小樽に限らず漁業と密接なかかわりのある町の水族館ではよくあることなのかもしれない(小樽水族館では、魚の解説を生物学な説明にとどめず、乱獲により減少、などの水産資源としての側面も紹介されていた)。もしかしたら、子供を連れて水族館を訪れた漁師さんは、お父ちゃんはなあ、この魚を毎日捕りに行ってるんや、などと子供に話して聞かせるのかもしれない。こういったもろもろに違和感を感じるとすれば、それは、農業や漁業、畜産からあまりに遠いところに住んでいる僕たちの勝手な感情でしかない。僕たちは自分たちが食べる肉や魚が生きていたということ、殺されたということを論理的には知っている。しかしその事実を屠畜の日付や水族館の外の丸焼きの魚といった生々しい形で突きつけられたときにハッとするのだとすれば、僕たちは──ある方のブログから言葉をお借りすると──命を食べているのだという事実から目を背けていると認めなくてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.11

へしこのこと

この間の月曜日は某会合のあと会食。最後のごはんものでも頂いてしめようという話になった。お茶漬けは何があるのかと訊ねると、へしこのお茶漬けがあるというではないか。へしこというのは、若狭から北陸にかけての日本海側で作られる鯖の糠漬けのことである。僕の隣の席はいつもうちに遊びに来てくださる食いしん坊のI+K夫妻。一同激しく反応し、三人そろってへしこ茶漬けを注文。われわれの圧倒的支持を目の当たりにして、ほかの人たちもそれ以外のごはんものを頼むことができなかったのか、こちらのテーブルは全員がへしこ茶漬け(笑)。

Heshikoそのへしこ茶漬けがとてもおいしかったのである。おいしかったら家でも食べたくなるのが人情。うちには本来の鯖のへしこもあれば、河豚の子の糠漬け、鰯のへしこだってある。いきおい魚系糠漬け三種盛茶漬けに。手前左が河豚の子、右が鰯、海苔をのせた写真では隠れてしまっているが、奥にあるのが鯖である。先日のお店に倣い、お茶漬けではなく鰹だし。熱々のだしをかけると、薄く切ったへしこがちゅるちゅるっと丸くなる。へしこの旨みと塩気がだし全体にひろがるのがたまらなく旨いのだ。へしこもいいが、河豚の子も素晴らしい。だしの中でほぐしてちょっとふやけたごはんといっしょにすするともう最高である。

羽釜で炊いたごはんをおひつに移すようになってからは、ほとんど炊いたごはんをきれいにぜんぶ食べきっていたのだが、この日お茶漬けにしたのは前日、ついついおひつの中に残してしまったごはん。おひつの中だと、なんていうんだろう。ちょうどほどよい水加減のおひやになることを最近発見した。お茶漬けはおひやが一番、などとよく言うが、きっと昔の人はおひつの中でおひやになったごはんのことをいっていたんだろうなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.10

今週の晩ごはんから

九月後半あたりから、某プロジェクトが本格化しさらには新しい金曜日のお仕事も始まって何だか忙しい……というよりも、忙しいのがざーっと波のように来てさーっと退いていくから、上手に時間を使えていない今日この頃。今週の晩ごはんをまとめてコメント。

P1040819日曜日は久しぶりに休み。三連休も何やかんやいって仕事を抱えていたのでやっとゆっくりという感じ。金(祝)、土と仕事に出かけていた家人は夕方までバカ寝をしているので一人で豚キムチを食べた。自分のために飯、汁、菜を作り、それを食べる贅沢を満喫。キムチといえば、このところずっと、近所のデイリーヤマザキで売っていた「宗家[チョンカ]キムチ」というのを気に入って買っていたのだが、それがいつの間にか店頭からなくなった。とびきりおいしいというわけではなかったのだが、「酸味をおさえて美味しさこだわり」の文句がウソみたいに、冷蔵庫に置いておいてもどんどん発酵が進み、あっという間に僕好みの古漬け風のきわどい酸味が出るのが気に入っていたのだ。写真の豚キムチで使ったのは牛角のキムチ。このキムチ、最初は(そしてこの日曜日も)甘いだけだったのだが、今日になってふたを開けてみるとなかなか酸味が出ていてよろしい。財布のレシートをあさってみると今日で買ってから22日目。賞味期限から逆算すると、期限まであと17日(賞味期限が長いのだ)。こういうのって、乳酸菌が少ないのかな。しかしその後、豚キムチを食べ終えたあとに起きてきた家人に、残っていたごはんとっしょに、先日吉田(仮)さんから頂いたいくらをごっーと食べられなんだか損した気分(笑)。

P1040824P1040820その日曜の晩は久しぶりに家で洋食。左の写真は、畏れおおくも左京区の某店の真似、片面だけ焼いた鮪。初めてメニューを見たときに、「mi-cuit de thon」と書いてあったのをなぜか今でも覚えている。上に乗っているのはエシャロット、ケイパー、ピクルスなどのアッシェ。いつも塩胡椒した鮪の片面を焼いて冷蔵庫にしばらく入れるのだが、脂の乗った鮪を片面だけ焼き、脂がとろけ出たところをそのまま食べるのが本来なのかも知れない。右はいつものヴォンゴレ・ロッソ。最近のお気に入りは、リングイネ・ピコーレ(細手のリングイネ)で食べるヴォンゴレ。しかしいかんせん、鮪といっしょにスーパーで買った100円の浅蜊だけに……うーん、ちょっと淋しかったな。ちなみに鮪の上のチャイヴ、ヴォンゴレの上のチャーヴィルも、それぞれ同じスーパーで1株100円で売っていたもの。この週末こそプランターに植え替えなくては。

月曜日。この日は某会合のあと左京区のちょっとよさげな居酒屋に。僕にとってはかつての師匠に何度か連れていってもらったことがあった天ぷら屋さんのあとのお店(というかみんな昔の天ぷら屋さんのままだと思っていたのが可笑しかった)。最後のお茶漬けがよかった。これについてはまたいつか。

P1040827P1040825一日しんどかった火曜日。この日のメイン(?)は、ジャガイモ。以前にこのブログでも少しだけ書いた、あずぶぅのジャガイモと同じ、アンデス産のジャガイモの原種を、少し前に家人が大阪で見つけてきたのだ。やはり中は黄色い。塩とバターで食べてみたのだが(左の写真)、バターつけなくても甘いし、バターをつけてもそれに負けない味をもっている。右の写真奥ではポテトサラダにもなりました。右手前は家人がよく作る人参のサラダ。粒入りマスタードが入っているところが味噌。この日のほんとうのメインは、以前鹿児島出張中のMだクンから豚しゃぶといっしょに届いた(そして冷凍のままおいていた)豚肉の味噌漬けだったのだけど、なんとガーゼを取り忘れるという大粗相(につき写真なし)。味噌漬けにガーゼは常識ですよね、はい、ほんとうに反省してます。でも、すっごいおいしかった。もう一枚あるので次こそは。

P1040841P1040831で、水曜日。昼間外に出たついでにスーパーに。最近ずっと牡蠣を狙っているのだがなかなかいい(=安くて大きい)のが見つからない。この日もイマイチだったのだが、家人が大阪からえらい大きい(けど高い)牡蠣を買って帰ってきた。大粒の牡蠣が8粒×2パックで1,050円。たしかに高いが、ほんとうに大きい。最初は遠慮して10粒ほどだけカキフライにしたが、結局残りも揚げることに。口の中でも今噛んでいるのが牡蠣のどの部分か分かるぐらいの大きな牡蠣、やっぱりいいなあ。自家製タルタル・ソースがおいしかったです。強引だけど、オーストラリアのシャルドネ、Wyndham Estate: Bin 222 Chardonnay 2005を合わせてみた。甘味も強く、シャルドネらしい香り、樽香なども強いおかげか、酸味のあるタルタルにも合うという意味ではなかなか正解。かといって牡蠣の味を邪魔するわけでもない。もちろん、生牡蠣にはぜんぜん……だろうけど。

P1040834P1040838そして木曜日。じつは前日、スーパーで牡蠣をあきらめ秋刀魚を買っていた。北海道産が2尾で200円。そんなたいしたもんじゃないのは分かっているけど、秋になってからまだ一度もだなあと思い。その秋刀魚を焼く。じつはいつも焼き魚はわりと適当で、少々皮が破れようが、火が通りすぎようがお構いなしだったのだが、珍しく真剣に焼いてみた。やっぱりちゃんと作るとそれなりに美味しい。1微あたり100円の秋刀魚でもちゃんとおいしいってことになると、安い居酒屋の秋刀魚ってどうしてあんななんだろうと気になったりもするけど。大根おろしがなかったのは大失敗だったけど、遅まきながら秋刀魚と新米のマリアージュ(ぷ:笑)をそれなりに楽しみました。左の写真は豚汁。土井義晴の『土井家の「一生もん」2品献立』で、秋刀魚といっしょに紹介されていたので、じつは豚汁が二日続くのだけど作ってみた。今日の土井ヴァージョンは、具は豚バラと韮のみ。レシピでは信州味噌とあったところを、こんな感じかなと仙台味噌でやってしまったのだけど(うちの仙台味噌は、いわゆる田舎味噌のテイスト、信州味噌ってだいぶ違う?)、これがなかなかいい感じ。豚バラちょっとたっぷりめ(レシピでは4人前で120g)で、しっかりと豚の旨みを出すのが◎。この土井さんの本については、またいつか書きます。とってもいい本だから。

タルタル、秋刀魚の焼き方、韮の豚汁はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.09

ハウス「麻布十番ビーフカレー グリル満点星麻布十番監修」を食べる

House_azabujubanP1040815店の名前より「麻布十番」の文字が大きく書かれているのが印象的なパッケージ。それは当然ながらこの地名がもつイメージというかブランド力が動員されているわけだが、パッケージ裏を見るとこの製品的「麻布十番」の定義は、「東京の中心にあり国際的ながら、老舗、名店が建ち並び、閑静で、暖かな雰囲気が漂う、新しさとレトロが融合した町」なんだって。わはは、何でもありですね。この手の文章では当然ながら、相対立する二つの価値(国際的/老舗・名店、新しさ/レトロ)を同時に盛りこむことはいわば常套手段だけど、ここまでやると、みたいな(笑)。食べてみると、僕の好きなタイプのバランスのいいカレー。ワインのせいかな、果実類のせいかな、微妙な酸味があってとても食欲をそそられる。パッケージに「ジューシービーフ」と書かれているのもあながち伊達ではなく、久しぶりに肉のおいしいレトルト・カレーにあたったという感じか。全体としてはかなりの◎。しかしちょっとネットを見て気がついたのだが、監修の「グリル満天星 麻布十番」、「満天星」の「麻布十番本店」ではなくて、麻布十番以外の店舗も「麻布十番」の冠がついている様子。リアル店舗でも、麻布十番が本店というのは大事なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日清「沖縄そば 新味カレー風味ウコンエキス入り」を食べる

Nisshin_okinawasobaP1040811買ったときには気がつかなかったのだが、じつは生麺。生麺をさっと温め水を切り、その上でスープを作るという手順。スープはこれまで食べたことのあるカップ麺の沖縄そばとは違って、わりとえぐみが少なく胃にやさしげな感じ。パッケージにはカレー風味とあるが、それほどカレーかレーしているわけではなく(もっともそれじゃあカレーうどんだが)、あくまでもカレー「風味」の沖縄そばといった感じ。豚もいいが、案外かまぼこで和んでしまった。ところが、である。何が悪かったのだろう、「コシが自慢の平打ちめん」がちっともコシがないのだ。コシがないだろうが箸で持ちあげるとプチ、口に入れるとプチ、ってな具合でぶつぶつに切れてしまうのである。せっかく生麺なのだから、もうちょっと食べごたえがある麺だったら、というのが心残り。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.05

エースコック「豚とろからしマヨネーズ焼そば」を食べる

Tontoro_karashi_mayonaiseP1040805これはずいぶんと前に買ってきてあったもの。とある夜、焼きそば気分になりようやく食べる。パッケージで枠囲みになっている写真が「豚とろ」なのだが、これはレトルト。ほんのちょっとしか入っていないのが残念、と思うぐらい案外うまい。全体としては普通のソース焼きそばにマヨネーズ、という感じなので、ようはこのレトルトの豚代を払うかどうか、という話。思い切ってもっと値上げして豚肉たっぷり……は無理か(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.04

ハケーン!(^o^)/

Dvc00096京都のみなさん、リド飲食街をご存じですか? そう、七条烏丸のちょっと西、建物の一階が通り抜けの路地になっていて、その両脇に所狭しとお店が並んでいる、あの飲食街です。仕事のあとで同僚とふらっと。同僚はリド初心者ではないのだが、せっかくだから初めての店へということで、酒楽座てっぺんへ。看板には居酒屋とあるが、なかなかちゃんとした焼肉屋である。おいしかったので翌日もまた家人と。

Dvc00098肉は丹波の黒毛和牛だとのこと。刺身がなかなかよくて、トロトロ生レバーも魅力的だったが、チレとコブクロのたたきをお願いする。チレがとてもよい。写真は鞍下肉の炙り。これは前日も食べたメニューなのだが、たまらなく旨い。これは絶対ワイン。それでトロッケンの赤ワインをグラスで頂く。最後はチゲ鍋を頂いてごちそうさま。しばらくマイブームになりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明星「中華三昧 味噌麻婆茄子麺」を食べる

Myojo_mabonasuP1040798「ラーメンの鬼」こと佐野実氏監修の中華三昧。麻婆茄子麺というのはリアルでは食べたことがないものなので、どんなんかなーみたいな気持ちで買ってみた。茄子はフリーズドライなのだが戻してみるとこれが大きくってまずびっくり。おまけに熱々に戻るので、口に入れるとふふぉふふぉっとなり、まるでほんとに熱々の茄子を食べているかの気分。スープはというと、パッケージ「麻婆茄子麺」の右上に小さく「味噌」と書かれているけど、辛味の利いた味噌ベースのスープという感じか。麻婆茄子麺というアイディア自体はかなり奇抜だが、麻婆茄子とピリ辛ラーメンとがうまく調和していて、(カップ)「ラーメン」としてまとまっているのは、さすがラーメンの鬼というべきか(笑)。なかなかおいしいです。フリーズドライはあってる素材とそうでないものとあると思うのだけど、茄子をフリーズドライで使ったものがあればまた食べてみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

サンヨー[サッポロ一番]「塩カルビ味焼きそば」を食べる

Sapporoichiban_shiokarubiP1040794近所のスーパーで100円を切っていたのでついつい買ってしまった焼そば。あまり意識してみたことがなかったのだが、ウィキペディアによれば、「塩焼きそばブームの先駈け」となった製品なのだそうだ。食べてみると、あっさりしているけどけっして物足りなさは感じさせないという意味でとてもバランスがよく、発売5周年を迎えるロングセラーというのも納得。ゴマのふりかけも、あればなおいい、という種類のものではなく、味の大事な一部分となっているのではないかという印象を受けた。もうちょっとレモンを絞ってみたくなったりもするのだが、この絶妙なバランスに手を入れるのは……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.01

イル・パッパラルドへ

Dvc00094久しぶりに女坂のイル・パッパラルドへ。以前からそうだったが、前菜、ピザ、パスタ中心のメニュー。いかにもギャルっぽいといってしまえばそれまでだが、それはそれで楽しい。今回は二人で行って、パスタ×3、ピザ×1、ニョッキ×1という選択。お前らそんな炭水化物が食いたいか、みたいな(笑)。写真はガルガネッリの猪のラグー・ソース。手打ちのガルガネッリを食べるのはこれが初めてかも知れない。これと前菜がわりに頼んだ、マグロのタルタルのフェデリーニがよかった。ワインは、Pecchenino: San Luigi Dolcetto di Dogliani 2000。この値段でこれだけしっかりとしたヴォリューム感があるというのはすごいことではあるけれど、逆にいえばこれだけ果実味を引きだし、樽香をつけてしまうと、ドルチェットってどんな葡萄だったっけと首を傾げてしまわないでもない。もちろんおいしいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6講:食堂へ

Dvc00087_m先週の金曜日のこと。今度こそは前回から行けずじまいの例の和食やさんにと思っていたのだが、当地で後輩クンたちと打ち合わせをすることになりやむをえず──と書いたら失礼だけど──食堂に。面白かったのは紫米のごはん。普通の意味でおいしいとは思わないが、食感に粘りが出ていて面白い。おかずは選択肢が案外少なくて困ってしまったのだが、結局ピリ辛唐揚げに。テラスに持ちだしいただきます。この金曜日のお仕事、今週から二回ほどお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »