« 「永谷園の梅干し茶づけ」を食べる | トップページ | (旧)朽木村へ »

2006.10.04

十勝新津製麺「ラーメンスクエア 東京下町らーめん専門店 いちや 熟成醤油味」を食べる

Tokachiniitsu_ichiyaP1040654ちょっと順番が前後するが、さっき食べたものから。例によって十勝新津の店主監修シリーズ。「シリーズ第一弾」とあるのは、これからこの立川のラーメン・テーマパーク、ラーメンスクエアものをシリーズ化するということなのかな? 今回ひかれたのは麺。京都でいえば近藤製麺風のむちっとした太手の麺。これがカップ麺で旨かったらすごいかも、というのでついつい。ところがじつは、すごいというほどのものではなかった。いい線までいっているのだが、あの汁を吸う感じ、固いでもなく腰があるでもなくむにゅっとしたとは違う。もちろんぜんぜん見当違いな個人的な期待をしただけなのだけれど、この色というよりはむしろ味が澄んだスープにこの麺というのもなあと思う。麺、スープ、具、どれもクウォリティーは低くないし、こういうラーメンを出してくれるお店がリアル店舗であったら、気がついたら今月三回目だよ、なんてこともありそうだが、カップ麺はおもしろくなくちゃ、という好例なのかも。

|

« 「永谷園の梅干し茶づけ」を食べる | トップページ | (旧)朽木村へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/12138686

この記事へのトラックバック一覧です: 十勝新津製麺「ラーメンスクエア 東京下町らーめん専門店 いちや 熟成醤油味」を食べる:

« 「永谷園の梅干し茶づけ」を食べる | トップページ | (旧)朽木村へ »