« 天使突抜第二次米飯強化計画(3) | トップページ | 鹿児島にて »

2006.07.26

鹿児島へ

P1030116ほんとは今ごろイギリスにいるはずだったのだけど、話が二転三転して家族旅行に出かけることに。そんなわけで今は西へと向かう夜行列車の中。列車は今、ちょうど三原と広島の間をただただ西へと走ってます。朝には熊本に着き、そこから豪雨のあとの鹿児島へと向かう予定。

P1030068夜行列車にもお酒はつきもの。今晩はGuy Charlemagne: Blanc de Blancs Réserve Brut NV、Patrice Rion: Bourgogne Rouge 2004。ギ・シャルルマーニュはご存じレコルタン・マニピュランの旗手ともいうべき造り手で、ドサージュなしというだけあって真剣に辛口、シャルドネの味だけで勝負という感じ。それが、いわゆるシャルドネらしさのようなものをさほど前面に押しだしていないのが面白い。シャンパーニュとしてのシャンパーニュとも違う、白ワインとしてのシャンパーニュとも違う、とでもいうか。考えさせられる一本。リオンのブル赤はなんとスクリュー・トップ。ブルゴーニュのビオ系の造り手にありがちな造りだが、使っている葡萄はすべてシャンボール産のものだとか。いわれてみればそう感じないわけでもなく、強いていえばボンヌ・マールを思わせるところもあるのだが、果実味の質が違うしシャンボールといわれてなるほどと思うほどにはミネラル分を感じられない。もっとも、ふつうにブルゴーニュ・ルージュですといわれれば、あ、果実味が出てておいしいですね、と思うのだけど。ちなみにカップはもちろん、イギリス滞在中にお世話になったJALカップ(笑)。おつまみもえらいたくさんあって、ヴァレンヌあたりで捕まってしまいそうな勢い(笑)。

P1030078そんなわけでしばらく西に行ってきます。報告はまたおいおい。最後は大阪駅に停車中のEF-66、42号機の勇姿にて(笑)。

|

« 天使突抜第二次米飯強化計画(3) | トップページ | 鹿児島にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/11101110

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島へ:

« 天使突抜第二次米飯強化計画(3) | トップページ | 鹿児島にて »