« 鍋三種 | トップページ | 日清「GooTa 味玉叉焼麺」、「麺の達人 まろやか高菜とんこつ」を食べる »

2006.03.18

水餃子

P1010331先週の週末、家人が大阪から水餃子を買って帰ってきた。以前ちょっと調べてみたことがあるのだが、本場中国では焼き餃子よりも水餃子が好まれるらしい。餃子を焼く、というのはあくまでも余り物を食べるための食べ方であり、それは「鍋貼」というあまり可愛くない名前で呼ばれるのだという(ただ、日本の餃子のように焼き用に特化し薄目の皮で作られていれば、それはそれで旨いと思うのだが)。物の本によれば、中国ではニンニクは具には使わず、薬味として使う。他に、豆板醤や白葱を薬味に使うこともあるということで、今回はこの三種を薬味に準備してみた。つけだれの基本的な配合は、酢1、醤油3とのこと。写真の手前に見えているのが豆板醤を加えた酢醤油。どれもなかなか美味しい。久しぶりに皮から餃子を作ってみたくなった。

今回のものの本はこちら。このシリーズ、定番のレシピから、おっ、家でそんなことができるのか、ってなことまで幅広くカヴァーしているのでうちにもすでに2冊ほど……(笑)

|

« 鍋三種 | トップページ | 日清「GooTa 味玉叉焼麺」、「麺の達人 まろやか高菜とんこつ」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/9148525

この記事へのトラックバック一覧です: 水餃子:

« 鍋三種 | トップページ | 日清「GooTa 味玉叉焼麺」、「麺の達人 まろやか高菜とんこつ」を食べる »