« 日曜日 | トップページ | _| ̄|○ »

2006.03.23

禅寺に行こう

P1010445以前妹の結婚式のことをこのブログに書いた。僕としてはあくまでもごはんネタの延長線上で書いたつもりだったのだが、沢山のことからお祝いの言葉を頂きいたく恐縮した。妹の良人が禅寺で修行をしていたこともあって、結婚式も縁のお寺でしていただいたのだった。そこで禅宗に大いに開眼した僕だったが、今回は妹の良人がかつて修行をしていた禅寺に出かけることとなった。春のお彼岸の行事、「彼岸講中斎」に呼んでもらったのだ。去年も声をかけていただきながら行けなかったので、二度目の正直である。

P1010456彼岸講中斎では、集まった檀家さんその他に精進料理がふるまわれる。「一日不作 一日不食」と書かれた箸袋からお箸を取り出し頂いた料理は、ごはん、お味噌汁、飛竜頭、胡麻和え、胡麻豆腐、香の物。いわゆる一汁三菜である。これを頂いて目から鱗が落ちる想いがした。それこそ妹の披露宴の料理について、おせち料理のように一品一品にシンボリックな意味が込められているのが楽しいと書いたが、禅寺の料理はまさにその対極にある料理。結婚式の料理のような贅沢がないのはあたりまえのことである。そうではなく、ここにあるのは決定的な「意味」の欠如なのだ。それと対照的に、材料を大切に使おうという配慮や、栄養のバランスに対する心配りは徹底されている。その結果、過剰なまでに「意味」を盛り込むことこそが料理でありもてなしであると考えているわれわれは思わぬ肩透かしを食らうことになる。

料理だけでなく、寺全体を礼節が支配している様も見ていて心洗われる思いがする。僧侶と檀家は敬意と感謝とで結ばれているかのようだ。知った顔どうしが出会うと、まずは地べたに座り頭を下げるところからコミュニケイションがはじまる。深々と頭を下げる僧侶たちの仕草もけっして形式的な印象を与えない。しかしこの日残念だったのは、般若心経が聞けなかったこと。禅宗のものは格別なのに。

|

« 日曜日 | トップページ | _| ̄|○ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/9221423

この記事へのトラックバック一覧です: 禅寺に行こう:

« 日曜日 | トップページ | _| ̄|○ »