« ヤマダイ「凄麺 横浜とろみもやしそば」、「凄麺の焼そば」、「凄麺 丸鶏使用スープのとりそば ゆず風味仕立て」を食べる | トップページ | 東洋水産「匠 具沢山野菜塩味」を食べる »

2006.03.20

朴葉味噌のこと

P1010362家人が朴葉味噌をいただいて帰ってきた。朴葉味噌は飛騨高山の名物なのだそうだが、10年以上岐阜に住んでいた僕はそんなことを聞いたことがあるようなないような。それなら早速いただいてみようということで炭をおこした。味噌をのせた朴葉をアルミホイルの上で焼く。そこにいろいろな具をのせ、適当に混ぜながら一緒に焼く。この日焼いてみたのは白葱、玉葱、椎茸、えのき、豚のフィレ肉などなど。味噌は東海地方の味噌らしくそのままで嘗めてみるとけっこう濃い味がするのだが、適度に火を通すと、また野菜からも水分が出てくるとほどよい感じである。豚肉も美味しかったのだが、牛の赤身などもいいかもしれない(本来ならば飛騨牛か?)。

P1010378これは別の日の炭火焼きの具。薄く切った蛸を醤油、煮切り酒、みりん、砂糖、一味などを合わせたたれに漬け炭火であぶる。漬けるといっても蛸に色がつくほど漬けこむのではなく、炭火にのせる前に合わせておく、といった感じ。20代のころ背伸びして通っていた百万遍の割烹で出会って以来、蛸の炭火焼きは見つけたらついつい頼んでしまうメニューである。

P1010380この日も頂き物を一つ。家人の会社の先輩で富山の出身の方がいらっしゃる。ふだんから僕も親しくさせていただいているのだが、富山は僕の母親の故郷でもあり何となくご縁を感じる。その方が氷見に帰るたび素敵な(つまり美味しい)おみやげをいつも下さるのである。今まで白海老、蛍烏賊のみりん干しなどいくつも素晴らしい食べ物を教えていただいたが、今回頂いたのは蛍烏賊の墨干し。見てのとおり、墨で真っ黒になった蛍烏賊である。炭火にのせるとくるくるっと丸くなる。丸くなりつつあるぐらいのところを頂くのが○。ふつうのみりん干しとはまた違う独特の風味がよく、ついつい一つ口に運んではまたもう一枚、という具合。まさに「珍味」である。

|

« ヤマダイ「凄麺 横浜とろみもやしそば」、「凄麺の焼そば」、「凄麺 丸鶏使用スープのとりそば ゆず風味仕立て」を食べる | トップページ | 東洋水産「匠 具沢山野菜塩味」を食べる »

コメント

お久しぶりです。前回はご丁寧な回答ありがとうございました。
私はほとんど岐阜市内で育っております。また、両親が郡上市という奥美濃出身で、朴葉味噌も食べさせられたこともあります(大人になってからはおいしいと思いましたが小さい頃はあまり・・・)。私にとって朴葉といえば、兼業農家のおばのつくる朴葉寿司のことですね。また食べたものです。

投稿: wanderer | 2006.03.25 23:23

wanderer 様

wanderer様も岐阜育ちとは。今回あらためて、というか初めて自覚をもって朴葉味噌をいただいて思ったのは、(あたりまえといえばあたりまえですが)材料からでたいろいろが味噌に混ざって美味しくなることでした。朴葉寿司! これは僕も小さい頃から好きでした。また食べたいなあ。

投稿: manavic | 2006.03.26 02:34

 同じく岐阜出身なのですが、ワタクシは朴葉寿司を知りませぬ。
 これはいったい、どういうことなんでしょう。

投稿: 吉田(仮) | 2006.03.27 10:59

あんたなにぃ〜、知らんのぉ?(笑)

新幹線の売店で売ってるぐらいの名物だと思うよ。それではもちろん本場の味、とはいかないと思いますが。

投稿: manavic | 2006.03.27 16:31

奈良出身ですが朴葉寿司知ってます!接待で飲んだ店で出てきました。私は割と好きな味でした。
それにしても自分がハタチの頃知り合った大学時代の友人と、旦那の先輩と、自分のママ友INボルチモア が一堂に会し、なぜか共通の岐阜ネタをコメントし合っている御姿には大変感慨深いものがありますですよ。

投稿: よめ子 | 2006.03.27 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/9170919

この記事へのトラックバック一覧です: 朴葉味噌のこと:

« ヤマダイ「凄麺 横浜とろみもやしそば」、「凄麺の焼そば」、「凄麺 丸鶏使用スープのとりそば ゆず風味仕立て」を食べる | トップページ | 東洋水産「匠 具沢山野菜塩味」を食べる »