« 天使突抜第一次米飯強化計画(4) | トップページ | 日清「ラ王 しょうゆ」を食べる »

2006.02.01

仙石ハムのこと

DSCF0067DSCF0141去年の年末、お歳暮にハム、ソーセージを頂いた。京都、伏見の仙石ハムである。ちょっとシニカルにいえば、今風のナチュラルなテイストのハム、ソーセージということになるのだが、これがなかなか美味しい。年が変わり賞味期限が近づきあわてて頂いている。右の写真の大きなハムは左のハムエッグに。ハムエッグの上のソーセージも仙石ハム製。

DSCF0140これはちょっと太めのタイプのソーセージ。この通り皮がかなり黒くなるぐらいまで焼いたが中はジューシー。シャルキュトリーにうるさいBも満足(もっとも彼はなぜかルッコラを旨いうまいとしつこくいってもいたが……)。

|

« 天使突抜第一次米飯強化計画(4) | トップページ | 日清「ラ王 しょうゆ」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/8453779

この記事へのトラックバック一覧です: 仙石ハムのこと:

« 天使突抜第一次米飯強化計画(4) | トップページ | 日清「ラ王 しょうゆ」を食べる »