« 天使突抜第一次米飯強化計画(1) | トップページ | 明星「究極の塩らー麺」を食べる »

2006.01.17

タイカレーの謎(再)

DSCF0012一昨日焼いていた海老、解凍のタイガーなのだがじつはばかでかい。写真ではわかりにくいが20cmはあろうかというサイズ。6本で1000円というのは結構お買い得かも(もちろんエビを1000円分買う、ということ自体僕的にはちょっと異常なことなのだが)。2本は焼いて2本は天ぷら、残りの2本は翌日トム・ヤム・クン、のつもりだったが天ぷらにたどりつけず、4本が残った。

DSCF0027そういうわけで2本はサラダに。前も書いたかな、ソースは玉ねぎのみじん切り、レッドカレーペースト、レモン汁、ナンプラーなどを混ぜたもの。僕はトム・ヤムのペーストも少し混ぜる。トム・ヤム・クンもさすがにいいだしが出ていておいしい。パクチー、フクロタケがなかったのが心残り。

DSCF0025DSCF0030そしてグリーンカレー。米は発芽玄米入り。ぽそっとするので何となくタイ気分(笑)。で、タイカレーを作るたびに感じる謎。写真のように裏に日本語のレシピが書いてあるカレーペースト、見たことないですか? 以前にも書いたが、これを剥がすとタイ語と英語のレシピが出てくる。タイ語は読めないのでわからないが、英語と日本語でちょっと微妙に調理の順序が違うのだ。日本語のレシピでは、ペーストを炒め、肉を炒め、ココナツミルク投入、英語のレシピでは、ペーストを炒め、ココナッツミルクを入れて、沸騰したら肉を投入。僕は以前書いたとおり英語のレシピの順序の方がおいしいんじゃないかと思うのだけど、みなさんご意見などありません?

|

« 天使突抜第一次米飯強化計画(1) | トップページ | 明星「究極の塩らー麺」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/8204773

この記事へのトラックバック一覧です: タイカレーの謎(再):

« 天使突抜第一次米飯強化計画(1) | トップページ | 明星「究極の塩らー麺」を食べる »