« ヤマダイ「凄麺 仙台辛味噌ラーメン」を食べる | トップページ | 出ましたね »

2006.01.21

病人食?

そんなわけで昨日から病人食らしきものを作っている。以前も小さな子供たちが遊びに来てくれたときに書いたが、食べ手が変わるのは面白い(業界用語でいえば、ここでいう食べ手とは、経験的食べ手のことではもちろんなく、料理というテクストに内包される食べ手のことである)。寝床で食べるから土鍋やお盆が大活躍なのだが、このお盆、その子供たちの母親がうちの引越祝いにくれたたものだ(ちなみに先日の馬の干し肉の贈り主も彼女である)。

DSCF0058これは今日の朝ごはん。ごはんは七分づきの米なのだが写っていないのはここまで準備して僕が寝てしまったから。8:30ぐらいに炊きあがるように炊飯器をセットして寝たのだが家人はごはんが炊きあがるのを炊飯器の前で待っていたのだという。食欲だけは衰えないというのが恐ろしい。玉子は温泉玉子なのだが、なぜ温泉玉子かというと防疫対策(笑)の一環として部屋の中でお湯を沸かして加湿をしている。インフルエンザ・ウイルスは湿気が苦手だというし、大学時代、生物の実習で埃などと同様湿度が高いと細菌類(ウイルスは細菌ではないが)も下に落ちるという話を聞いたことがある。お湯を沸かしっぱなしというのももったいないと思い温泉玉子を作ってみた。いつもとは鍋の大きさも水の料も違うのでこれは失敗。

DSCF0059夕方起きてからもう一度ごはん。今度は鶏雑炊。本人の希望で冷奴。トマトは福岡の「吉珍トマト」。大きさがなぜかばらばらなのだが平均するとこのサイズぐらいのもの5個で、なんと150円。値段につられて買ってしまった。

DSCF0064で、胃袋が健康な病人は夜食も食べる。中華風のスープが食べたいというので、豚肉と白菜と椎茸、玉子で即席中華風スープ。豚肉は塩、胡椒で下味をつけ片栗粉をまぶした。そんなこんなしていたら熱も下がったとか。ご心配下さったみなさん、ありがとうございました。熱っぽいと感じてから36時間後にタミフルを飲みだし、それから36時間後には平熱。やっぱりタミフルって効くんですね。けどまだ体内にウイルスは残っているものらしく当分は外出禁止。みなさんもくれぐれもインフルエンザにはかからぬよう。ご自愛下さい。

|

« ヤマダイ「凄麺 仙台辛味噌ラーメン」を食べる | トップページ | 出ましたね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/8256954

この記事へのトラックバック一覧です: 病人食?:

« ヤマダイ「凄麺 仙台辛味噌ラーメン」を食べる | トップページ | 出ましたね »