« のれそれやら鮪やら | トップページ | タイカレーの謎(再) »

2006.01.16

天使突抜第一次米飯強化計画(1)

無人島に何か一つだけ食べ物を持っていくとしたら何を持っていく?、なんて話をしたことはないだろうか。昔はうれしそうにミモレット!などと答えていたが、今冷静に考えてみると米を持っていきたいような気がする。僕は例えば海外旅行先でどうしてもお米が食べたくなったりするタイプではぜんぜんないが、もし一つだけ、どうしても一つだけ食べ物を選ぶとすればお米かなあ、と。お米には多少のこだわりがあって、ずっと同じコシヒカリを食べ続けている。小学生の終わりぐらいから四年間ほど福井に住んでいたことがあるのだが、その時分に近所のお米屋さんで買っていたコシヒカリを両親がいたく気に入り、福井を去った後も僕の実家ではそのお米やさんのコシヒカリを食べ続けた。僕が実家を出て京都で暮らすようになってからも、ずっとそこの奥越産コシヒカリ。一時期は便利さに負けて同じコシヒカリのBG無洗米ヴァージョンを食べていたが、最近ふつふつと米へのこだわりが再燃、最近はちゃんと研いで食べている。

DSCF0020別に年始にあたって何か新しいことを、なんてがらではないのだけど、ふとしたきっかけから時間のあるときぐらい土鍋で米を炊いてみようかと思いたった。数日前に一度試みたときは見事に失敗。そのときは大きめの土鍋を使ったのだが、失敗に懲りて昨日はいつも炊き込みごはんを炊いたりにつかっている小さい土鍋で。正直素人の経験、技術で今のIHの炊飯器よりも上手に米を炊くというのは結構な難題だとは思うのだが、それもまた楽しみ。ついでに一年ぐらいかけて自分の米飯生活を思い切り変えてみようということで始動したのが、今回の天使突抜第一次米飯強化計画。その成果はまたおいおい紹介していくのでお楽しみに!

|

« のれそれやら鮪やら | トップページ | タイカレーの謎(再) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/8191973

この記事へのトラックバック一覧です: 天使突抜第一次米飯強化計画(1):

« のれそれやら鮪やら | トップページ | タイカレーの謎(再) »