« 祇園「安参」へ | トップページ | 久しぶりにお刺身 »

2005.12.02

冬は白菜

CIMG2419冬の白菜はやっぱり旨い。水炊きの白菜をちょいちょいつまむのもいいが、旬の白菜、せっかくだから丸ごと楽しみたい、と思うあなたにぴったりの鍋。担当は家人。

CIMG2421具は白菜、豚肉、椎茸と至ってシンプル。豚肉は挽肉に味をつけてすだちの果皮で香りをつけたものを、一枚ずつ切り分けていない白菜の間に挟み込んでおく。これをあらかじめ味をつけただしで煮こみ、ごぼっと頂くという寸法である。箸で白菜が崩れるぐらいになったら食べ頃。このころには肉はだしの味を吸い、また肉の旨味もだしにほどよく溶けだしている。いつもだったら鍋の白菜はぽん酢であっさりと食べたいと思う僕だが、この鍋ばかりは肉の旨味、白菜の甘味が強いからしっかりと醤油で食べる方が旨いと思った。

CIMG2424和食の中でも鍋は比較的ワインとの相性がいい方だと思う。この日のワインは、Domaine de Chatenay: Menetou-Salon 2002。メヌトゥ・サロンはロワールはサンセールの西、赤、白、ロゼすべてを産するアペラシオン。赤はピノ・ノワールで作られる。印象としては繊細なピノの香りと、ソーヴィニョン・ブランをそのまま赤くしたようなスモーキーな味わい、という感じ。キリッとしていて和食にはもってこい。真夏に飲んでもおいしいだろうな。

|

« 祇園「安参」へ | トップページ | 久しぶりにお刺身 »

コメント

はじめまして秋田で牛飼いをしている者です。
白菜を丸ごとですか。まるで白菜版ロールキャベツと言ったところですね。
今年は自宅の畑で白菜を作り損ねたのが悔やまれます。

投稿: 畠山 | 2005.12.03 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/7430657

この記事へのトラックバック一覧です: 冬は白菜:

» ようこそ「スタジオふろまーじゅ」へ [アイスクリームハウスACRExACRES]
ここでは極上のチーズをとっておきの食材ととっておきのカクテル、とっておきの音楽でプロデュースします。 今日の主役はどこにでもあるようなこのカマンベールチーズ。 輸入食材店で300円程度で売っているも... [続きを読む]

受信: 2005.12.03 00:04

« 祇園「安参」へ | トップページ | 久しぶりにお刺身 »