« K氏の結婚式(2) | トップページ | 祇園「安参」へ »

2005.11.28

お客さんはコドモ

CIMG2390昨日は昼すぎから家人の(と断るのが不自然なぐらいすっかり仲よくさせてもらってるのだが)友人のFが、5歳になるUと1つ下のSを連れて遊びに来てくれた。それで昼間から(大人は)ワインを飲みながら軽くごはん。写真は例の米のサラダ

うちに遊びに来てくれたいろんな人に僭越ながらごはんをお出ししているわけだが、一番怖いお客さんは業界人。飲食関係の人に後ろに立たれたら料理なんてできるもんじゃない(笑) でもそれと同じぐらい怖いのが「コドモ」。世間の誰もがいうとおり、子供は大変正直である。好きじゃないもの、おいしくないものをお出しすると、「いらん!」と即刻ご返品である。こんなときばかりは、ちょっと失敗した料理でも、「そんなことないー、おいしいよー」と食べてくださる大人の心遣いが恋しくなったりもするのだが、それだけに子供に旨いといわせてやりたいという気持ちが働くのもまた事実。だからといって「狙っていっ」てはいけない。以前U&Sが遊びに来てくれたとき、二人用にとミネストローネを作ったことがあった。パンチェッタではなくウインナーで、アルファベット型のパスタを入れて、といろいろがんばったのだが見向きもしてくれない。そのときUが一番よろこんで食べていたのが、フォアグラ。大人は見向きもしないもののなかに子供がとくによろこぶものがあることもまず事実だろうが、子供たちはしょうもない子供用のアレンジはすぐに見抜いてしまうし、大人が「大人の食べ物」だと思って旨いうまいと食べているもののなかにも、子供がおいしいと思うものものはあるはずだ。

CIMG2391写真はボロネーゼ。お母さんのF曰く、トマト系はお兄ちゃんのUちゃんの好みの味なのだそうだ。昨日も一生懸命パルミジャーノをおろしてくれた。味もなかなか気に入ってくれたみたいで、ばくばく食べてくれる。エビとリコッタのパスタは弟のSちゃんが食べてくれた。いくらおいしがって食べてくれるからといって、体が小さい分、塩分や脂肪分や刺激物など、摂りすぎてはだめといったことはもちろん大人が気をつけてやらないといけないことは多いけれど、子供にはまだ早いと思っているものが案外子供にうけるということもあるんじゃないのかな。

CIMG2395CIMG2396最後にキッズ用にと作ったナゴヤ風イタスパ。イマイチ鉄板や目玉焼きには反応してもらえなかったのだが(目玉焼きは大人が食べていたような……)、これまたトマトソース好きのUちゃんが食べてくれた。食べ切れなった分はお持ち帰り。

CIMG2404もう一つ面白かったのが、コドモの嗅覚。兄のUちゃんは味覚がとても発達しているのだが、弟のSちゃんは嗅覚がすごい。嫌いなにおいが手についているとどうしても嫌なタイプ。そのSちゃんが興味を持ったのが写真の香菜の根。土に植えたらどうなるのかというのも気になっているようだが、においもどうも気になっているらしい。そんなわけでこれも半分お持ち帰り(笑) 兄貴がシェフで弟がソムリエ、というレストランが開く日も近い。

CIMG2392最初は家人からポケモングッズをもらい大喜びだった二人だが、それでもやっぱり男の子はガンダムが好きだったりして。お母さんのFは首を傾げるが、何ゆってんだ!、男はやっぱりガンダムだよ!(笑) うちで3話分ぐらい見て帰らはりました(笑)

CIMG2406ワインは、Daniele Desmules: Beaujolais Villages Nouveau 2005、中央葡萄酒: 周五郎のヴァン [NV]、Chateau Clerc Milon: Pauillac 2002、それからこの前も飲んだBの土産のRasigueres: Muscat de Riversaltes [NV]。デミュールのボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーはなかなか。今年飲んだもののなかでも一番骨格がはっきりとしている。開いてくるといかにもヌーヴォーだが、最初の一口目のインパクトはあくまでも力強い。クレール・ミロンは'02ということもあってまだまだ。タンニンもがちがちだし、青臭い香りが強く早すぎた感は否めない。で、周五郎のヴァン。家人にとってはFとの思い出の「ワイン」だということで、去年一緒にFともう一度飲みたいからと山梨に出かけた折に買って帰ったものである。甘いワインだよ、といわれて飲んでみる。確かに甘い。二人は、ポートワインみたいだね、昔これ飲んだ酔っぱらったよねなどといいながらやっている。しかし……ラベル見たら、ちゃんと「フォーティファイドワイン」って書いてあるじゃないか。ネーミングはこのワインを愛した山本周五郎氏にちなんでのものなのだが、ラベルに引用されている周五郎のエッセイからの一節にも、「マディラ(タイプと断ってある)という赤ブドー酒を見つけた……」と書いてあるじゃないか! しかしこれを、「これまで飲んだ和製ブドー酒のどれにも似ない、本当の『ヴァン』らしい『ヴァン』」と絶賛する周五郎先生も、フォーティファイドだとは知らなかったんじゃあ……

|

« K氏の結婚式(2) | トップページ | 祇園「安参」へ »

コメント

UとS、大きくなったなぁ。メイスとも仲良くしてね。
それにしても「トリッパ」の次は「フォアグラ」とは。素晴らしき食育。

余談ですが、よめ子は「早い、早いよスレッガーさん」が分からず。解説しようにも現物が手に入らない(哀)。

投稿: ボル夫 | 2005.11.29 04:26

そうそう、でかくなったんだよね、これがまた(笑)
わりと最近、子供は甘酸辛苦の順に味を覚える、だから小さい子供にフランス料理なんてもってのほかだ、と書いてあるものを読み、甘酸辛苦の順というのもっともだよなあ、などと思っていたけど、ヤツらを見ていると順番なんてどうどもいいのかもと思ったりもして。子供に味(旨さ)のわかるものを食べさせるのももちろんだけど、わからないものを食べさせるのも「食育」ではなくって、アムロ、と思う今日この頃。

投稿: manavic | 2005.12.01 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/7362101

この記事へのトラックバック一覧です: お客さんはコドモ:

« K氏の結婚式(2) | トップページ | 祇園「安参」へ »