« 鯖寿司 | トップページ | 辛い胡麻の豚なべ »

2005.11.11

ホルモン千葉【三条木屋町上がる一筋目西入る南側】に行ってみた

051110_024501_M今週もまた焼肉気分。それもなぜかまた水曜日。水曜日は大好きな大詔閣の定休日なのだ。最初は木屋町の別の店に行く予定だったのだが、道すがら「ホルモン」と書かれた大きな提灯を発見。のれんにはこれまた大きく「千葉」の文字。ホルモン千葉というお店らしい。これは行かねばということでさっそく入ってみる。7品にうどんまでついた2500円のコースがあると聞きそれを注文。このコース、まずは塩、そしてオリジナルの「黒ダレ」、「玉」=うどんでシメ、という展開。この日おいしかったのはハツモト(心臓の大動脈近くの部位らしい)の塩焼きと、ハラミの黒ダレ。黒ダレというのがまた面白く、穴の開いた鉄板からこぼれ落ちる脂をたれで受けて、そのたれで肉を焼いたり、玉の味つけをしたりという趣向。ご店主(何と僕と同い年でいらっしゃる)が、このおいしい脂何とか生かせないものか、というところから思いついたアイディアなのだそうである。ふらっと入っただけなのにずいぶんと長居をさせてもらい、楽しませて頂きました。ごちそうさま。また行きますね。

|

« 鯖寿司 | トップページ | 辛い胡麻の豚なべ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/7041497

この記事へのトラックバック一覧です: ホルモン千葉【三条木屋町上がる一筋目西入る南側】に行ってみた:

« 鯖寿司 | トップページ | 辛い胡麻の豚なべ »