« 結婚式アフター手巻き寿司 | トップページ | 一神堂【河原町丸太町下がる西側】に再び »

2005.10.25

ワインとお寿司

CIMG2011今日(というか昨日)は某会合を出席して家で仕事……をしていたのだがちょろっと外出。食事までの時間をワイバーにて過ごす。今日は昨日のレ・ザムルーズの記憶もありブルゴーニュ気分。ブルゴーニュで、と頼んで出てきたのが、このVigot Fabrice: Nuits-Saints-Georges 1998。適度なタンニン、酸、青くささなどのフレッシュさと果実味を合わせもつバランスのよい一本。

CIMG2019CIMG2014さて、晩ごはん。いつものワインバーから縄手通を少し下がって「まとゐ寿司」【四条畷上がる東側】に。赤身の鮪が切れてますというのは正直どうかと思うのだけど、他がとても美味しかった。写真は雲丹と「がさえび」。がさエビは甘エビを大きくした感じで、殻がいかつい。ぼたんエビのようにとろっとした濃厚な味だが、身の柔らかさは甘エビに近いかも。天ぷらなどにして火を通すとこのとろっとした感じがさらに強調されるのだそうだ。今ネットで調べてみて初めて知ったのだが、僕も昔住んでいた福井で水揚げされ(三国港なんてよく遊びに行ったものだ!)、主に地元で消費されているのだそうだ。さてこのまとゐ寿司、面白いネタも多いし、はずれのネタがない。祇園だけに値段もそれなりという部分は多少あるが、それでもリーズナブル。

|

« 結婚式アフター手巻き寿司 | トップページ | 一神堂【河原町丸太町下がる西側】に再び »

コメント

わさび握りも特筆ものでしたねぇ。
涙巻きと双璧!
カジン的には煮蛤がベストだったな。

投稿: カジン | 2005.10.25 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/6555980

この記事へのトラックバック一覧です: ワインとお寿司:

« 結婚式アフター手巻き寿司 | トップページ | 一神堂【河原町丸太町下がる西側】に再び »