« ラーメンを作る・第2回 | トップページ | 日清「ソースカレー U.F.O.」を食べる »

2005.10.03

雲丹いくら丼とウルグアイのワイン

CIMG1782今日は晩ごはんも一人、コンビニ行った以外は外に出ない経済的な一日。でもごはんは贅沢に、ということで、晩ごはんは雲丹いくら丼。雲丹は土曜日に食べた雲丹の最後の残り。写真では隠れてしまっているがけっこうのこっていた。いくらは小樽のおばちゃんのサービスではなく、北海道に行くちょっと前に自分で漬けたもの。薄味で漬けたので今ぐらいになって塩気が回りすぎるぐらいの時期になってちょうどいい感じ。準備3分、食べるのも3分の贅沢。

CIMG1792あとはウルグアイのワイン。Vina Progresa: Cabernet Sauvignon Reserve 2002(じつはほんとにこんな表記でいいのか自信がない)。一昨日Kがおみやげにともってきてくれたもの。南米はチリ、アルゼンチンはもちろん飲んだことがあるがウルグアイは初めてだ。抜栓したのは昨日だが(Kは昨日も来てくれていた)、今日もまだフレッシュ。カベルネらしくタンニンが強いが、それだけでなく酸も強い。今はそのかげに果実味が隠れてしまっているがあと一時間もすればいい感じ……かな?

|

« ラーメンを作る・第2回 | トップページ | 日清「ソースカレー U.F.O.」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/6240078

この記事へのトラックバック一覧です: 雲丹いくら丼とウルグアイのワイン:

« ラーメンを作る・第2回 | トップページ | 日清「ソースカレー U.F.O.」を食べる »