« クーラー記念、鴨の炭火焼き他 | トップページ | 松茸ごはんなど »

2005.09.22

ドルーアン=ラローズのボンヌ・マール

CIMG1516日がかわって一昨日の晩は前日からきてくれていた昔からの友だち、AといつものDで焼肉。相変わらずの辛いたれに舌鼓。家に戻りさあなんかもう一杯ということでワイン。Aは前日も「果実味があるやつ!」とのたまわっておられたので、じゃあブルゴーニュ? ちょっと早いかなと思いつつも、Domaine Drouhin-Laroze: Bonnes-Mares Grand Cru 2001。'01は'99、'02のようなビッグ・イヤーではないし、特級とはいってもドルーアン=ラローズだし、などと思っていたが甘かった。素晴らしい! むしろビッグ・イヤーではなかったのが幸いしたのだろうか、素晴らしい凝縮感、果実味。最近果実味があるとはいいつつも「きれいな」果実味のブルゴーニュが多かったからよけいにそう思うのかもしれないが、「ピノ・ノワール=ジャミー」という図式をあらためて思い出させられる一本。それがボンヌ・マールだったというのも面白いが、じつにopen-knitなワインで心から楽しめた。ボンヌ・マールという畑、あるいはシャンボール・ミュジニーという村のテロワールを上手に表現しているかといわれると、僕にはそうだと断言はできないけれど、よくできたニュイのワインであることは間違いない。毎度値段の話で恐縮だが、安い!、のも大きな魅力。

|

« クーラー記念、鴨の炭火焼き他 | トップページ | 松茸ごはんなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/6058875

この記事へのトラックバック一覧です: ドルーアン=ラローズのボンヌ・マール:

« クーラー記念、鴨の炭火焼き他 | トップページ | 松茸ごはんなど »