« その翌日の昼ごはん | トップページ | ドルーアン=ラローズのボンヌ・マール »

2005.09.21

クーラー記念、鴨の炭火焼き他

CIMG1499昨日、というか一昨日はクーラーがついたことを記念して、関係者(?)と宴会。まずはシャンパンを飲みながら鯛のカルパッチョ。鯛を薄切りにして白胡椒、塩をふり、オリーヴオイルをかける。シブレットを散らしてレモンを添える。うちでは定番中の定番なのだが、じつは前菜用に仕込んだあるものが超失敗に終わったためやむなく準備したもの(笑)

CIMG1503パスタはこの間もやってみたびらびらパスタのプッタネスカ。今回は自家製ツナはなし。黒オリーヴが在庫切れで色合いがちょっと寂しかったかな。

CIMG1505で、魚はぐじ=甘鯛。塩、胡椒をふって、オリーヴオイルをかけて、お腹にもハーブを詰めて160℃のオーヴンで16分ほど。レモンで。ぐじは30cmをちょっと切るぐらいなのだが、16分はちょっと長すぎたかも。

CIMG1507CIMG1506メインの前に吉田(仮)さんにちょっと自慢。こんなキノコ、知ってました? 「ポットベラ」というキノコらしいです。直径10cm弱ぐらいのシイタケのようなキノコ。しかしちょっと裏を返すとなんと真っ黒。独特の香りも含めてなかなかえぐいキノコであります。どうなることやら(笑)

CIMG1510で、メインは鴨。初めての試みとして、いつもはオーヴンで焼いていた鴨のフィレ(いわゆるマグレ・ド・カナール)を初めて炭火で焼いてみた。その結果は……なかなか大変。まず脂がいっぱい落ちるので煙が大変。おまけに初めての試みなのでどこまで焼いたらいいかわからない、ちょっと火が強ければ表面が焦げる、などなど。結果としては明らかに火を通しすぎ。これぐらいがいい、との声もあったが、もうちょっとちゃんと火加減をコントロールできるようにならねば。つけあわせは松茸、松茸ごはんのガレット(カリっとならず失敗)、そして「ポットベラ」。ポットベラは……うーん、微妙なキノコでした。バターで焼いたのだが、シイタケなどよりは歯応えがあるけど味は何とも形容しがたい(不味いわけじゃないんだけどね)味。誰かおいしい食べ方をご存じだったら教えてください。

CIMG1512そしてワイン。ちょっと飲み過ぎました。Veuve Clicquot Ponsardin Brut Rose: 1998、Masia L'Hereu: Brut Riserva NV、Saint Cosme: Cotes-du-Rhone Les Deux Albion 2002、Domaine Parent: Pommard Premier Cru Les Pezerolles 1997、Michel Gay: Chorey-les-Beaune 1999、Jayer-Gilles: Bourgogne Haute Cotes de Beaune 2002。とくに印象に残ったのはまず一本目のヴーヴ・クリコのロゼ。色だけではなくとても強い果実味を持っている。それからパランのポマール1er。これはたぶんヴィンテージ違いを飲んだことがあるのだが、とてもきれいな果実味が出ている。'97だからというのもあるのだろうが、4,000円を切る値段。納得のプライス。それからジャイエ=ジルのオート・コート・ド・ボーヌ。ランク的な問題や若さはもちろんあるが、とにかくふつうの'02のオート・コート・ド・ボーヌではないことをわからしめる説得力、ヴォリューム感をもっている。名前でもってほめるのもおかしいが、さすがジャイエ=ジルと思わずにはいられない。他の三本ももちろんよかったのだが、とくに挙げるとすれば間違いなくこの三本。

|

« その翌日の昼ごはん | トップページ | ドルーアン=ラローズのボンヌ・マール »

コメント

 ぐへぇ。月曜は晩遅くに京都戻りました。残念であります。そろそろエアコンは要らなくなるかな。
 それにしてもポット・ベラ不気味なキノコですね。でも、アメリカのスーパーに似たものがあったような気もする。もしかしたら、ボル夫&よめ子夫妻は知ってるかも。どうでしょう?
 また吉田(仮)誘ってやってください。是非とも。是非とも。

投稿: 吉田(仮) | 2005.09.21 18:34

ポットベラ、裏見た瞬間思わず声を出してしまいました。たしかに僕も海外ではみたことある気がするんだよね。沖縄では魚の色にびっくりするというけど、海外では野菜の色にびっくりするような……(笑)

またぜひ遊びに来てくださいね。

投稿: manavic | 2005.09.22 00:17

クーラーがついて実に目出鯛であります。
「ポット・ベラ」。完熟したマッシュルームの事ですね。こちらではポピュラーな食材で、スーパーでよく見かけます。スープに入れたり炒めたり、あとBBQやハンバーガーに挟んだり(笑)。ポット・ベラは某マンガで知ったのですが、主人公○岡はグラタンの材料を傘に詰めてオーブンで焼いてました。

投稿: ボル夫 | 2005.09.22 04:49

ボル夫さん、お久しぶり。
「完熟」っていうのは、キノコの場合、「でっかくなる」ということでいいのかな? この間のポットベラは直径が10数センチ。ちなみにその隣には同じ大きさの「マッシュルーム」が売られていたので、ブラウン・マッシュルームが「完熟=肥大化」したのがポットベラ、ということなのかな?

ちなみに日本で買ったら何と2個で480円!

投稿: manavic | 2005.09.22 13:05

スーパーでラベルを見たところ、portabella brown mushroomとなっていたので、manavicさんのご指摘で正しいのではないかと。「同じ大きさのマッシュルーム」はホワイトマッシュルームの傘の開いたものでしょうか? ポット・ベラは直径10センチ程度4枚で2ドルでした。

投稿: ボル夫 | 2005.09.26 10:51

「Brown mushroom」とわざわざ書くということは白くて大きいやつも同じ名前なのかな、などといろいろ考えているうちに返事が遅くなってしまいました。ウィキペディアによると、この名前(portobelloともportobellaとも、日本で売られていたパッケージにはportbellaとありました)のものは茶色い菌株とのこと。僕が見た白いのは同じく10cm程度でした。しかしアメリカ、安いな(笑)

投稿: manavic | 2005.09.28 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/6042768

この記事へのトラックバック一覧です: クーラー記念、鴨の炭火焼き他:

« その翌日の昼ごはん | トップページ | ドルーアン=ラローズのボンヌ・マール »