« 麺屋しゃかりき【千本丸太町西入る北側】にまた行った | トップページ | もやし炒めとホタテとエビの豆鼓炒め »

2005.09.16

開戦前夜

僕がひっそり暮らすこの家では今ふたたび戦争が始まろうとしている。

我が国が隣国チュー国からの侵略を受けたのは二年ほど前のことである。我が国上空に侵入したチューが軍事練習を行うようになりだした。俗語では「屋根裏の運動会」と呼ばれるアレである。我が国が寛大にもそれを野放しにしておいたところ、知らぬ間にチュー国の秘密活動範囲は着実に広がっていった。我々はチュー国の脅威を知らない世代である。我が国の食糧備蓄基地及び調理施設に起こっていたいくつかの小さな異変(たとえば束を止める真ん中の紙のところから半分が欠けた素麺が発見された)も、チュー国による秘密工作、食料調達活動によるものと認識されることはなかった。しかしチューたちが活動中に「フン」と呼ばれる遺留品を残すようになり、チュー国が我が国内に潜伏、活動していることは疑いのない事実となった。そしてついに、調理施設においてチューが目撃されるにいたり、チュー国による侵略は決定的事実となった。これを「日チュー事変」と呼ぶ。

我が軍は即座に国土防衛策を講じた。チュー国部隊の侵入経路の封鎖、薬物による陽動作戦、対チュー超音波式威嚇砲などの様々な戦術、近代兵器を投入するも、ゲリラ的活動を繰りかえすチュー国に対して実質的な効果は得られず、困り果てた我が軍参謀総本部は長老派に意見を求めることになる。長老派の提案は、平面型対チュー粘着式捕獲装置(通称「ペッタン」)の使用であった。長老派の主張によれば、この兵器を用いればたとえ一チューでもその捕獲に成功すれば、恐怖心、同胞意識の強いチュー国は余儀なく撤退を迫られるだろうとのことであった。

そして我が国国境地帯に、平面型対チュー粘着式捕獲装置が設置された。程なく一チューが捕獲された。これを発見した我が軍の将校の話によれば、捕獲されたチューは目を血走らせ断末魔の表情を浮かべていたという(「血のヴァレンタイン」)。そのチューは即時国外追放となったが、事件は即座にチュー国本国に伝わるところとなり、長老派の予想通り、チュー国は全工作員を我が国より撤退された。これが謂うところの「第一次ヤキン・チューエ攻防戦」である。

その後一年以上の歳月を経てチュー国は我が国上空への領空侵犯及び我が国上空での軍事演習を再開する。我が国はこれを黙認しつつ、国内では「対チュー国土防衛基本法」を定め棲み分けを画策する(「日チュー国交正常化」)。しかし今月に入り、我が国内でふたたび侵犯行為が二度に渡り確認され、日チュー関係は大いに緊迫を高めた。特に今回の侵犯は、これまでの侵犯と異なり民間人居住区への侵入であったことは国民を震撼させた。国境周辺には薬物式陽動装置(形式「デスモア」)が設置された。

CIMG1450そして昨日、ついに食糧備蓄基地内でのチュー国による工作活動が確認された。鋭利な刃物を使った手口、現場で確認された遺留品などからチュー国による秘密工作と即時断定され、我が国議会は、タッパーに入れない食料品の保持等を禁止した「対チュー国土防衛緊急特別法」を即日可決した。国内でも最終兵器、平面型対チュー粘着式捕獲装置を再度導入するべきである、血のヴァレンタインは繰り返してはならない、等、対チュー政策に関しては世論の一致をみていないが、本日、調理施設内でさらに一チューが目撃されたことで反チュー感情は一気に加速すると思われる。

|

« 麺屋しゃかりき【千本丸太町西入る北側】にまた行った | トップページ | もやし炒めとホタテとエビの豆鼓炒め »

コメント

あはははは…。
 北海道の寺でもよく仏壇や倉庫がやられてます。実家も姿は見えないが音がする。
 ずっと読み進めて読了、スクロールしたすぐ下に「麺やしゃかりき…」と続くのがなんだか楽しい。
 つけ麺は食べたことが無いので食べてみたいです。

投稿: 吉田(仮) | 2005.09.16 23:27

くそう、くやしい、この文章。かしこすぎます。
そして、面白すぎます。

この文章に即発されてブログを本格的に始めさせていただきます。(本格派宣言)
くそう、くやしいなあ。いや、本当に。

くやしいから、ブログの事いろいろ教えて下さい。

というより、古い記事にコメントしてすいません(><;)

投稿: みちや@天二 | 2005.10.14 23:05

みちや 様(笑)

本格派、楽しみにしてます。軌道に乗ったらリンクさせてね、っていうか、リンクとか別にいいし、読ませてね。ブログは僕自身よくわからないです。何か気合いが入っちゃうときもあるし、ニュートラルに食べたもののことだけを書いてるときもあるし。僕的には「おめでとう」とかかなり気合い入ってたんだけどだめっすかね?(笑) ときどきのぞいてみてね。よい週末を! 力作、読ませてね。

投稿: manavic | 2005.10.15 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5973569

この記事へのトラックバック一覧です: 開戦前夜:

« 麺屋しゃかりき【千本丸太町西入る北側】にまた行った | トップページ | もやし炒めとホタテとエビの豆鼓炒め »