« ラーメンがっつん【四条千本西入る南側】にまた行った | トップページ | 麺屋しゃかりき【千本丸太町西入る北側】にまた行った »

2005.09.16

豚肉でミラネーゼ

日が変わって昨日、も家で晩ごはん。最近まじめに家でごはん食べてるなあ(仕事が多いだけか……)

CIMG1439CIMG1438最初はイカのマリネ。この間からの紋甲イカ。さすがに今日はと思い、片面に包丁で格子に切り目を入れ湯がいてマリネ。ちょっと塩味が薄すぎた。それからアサリのパスタ。大げさにいえばリングイネ・アッレ・ヴォンゴレ・イン・ビアンコ。うん、大げさすぎるね(笑) ニンニクをオリーヴオイルで炒めアサリを加え、白ワインを加え蓋をする。アサリが開いたら順次取りだし、煮汁は漉す。ふたたびニンニク、唐辛子を熱し、さっきのアサリと煮汁を加え、湯がいたパスタをあえる。皿に盛りパセリを散らす。こちらは塩がきつすぎたのが失敗。アサリの旨味は十分出ていたので残念。

CIMG1444メインがこれ、豚のロース肉をいわゆる「ミラノ風カツレツ」にしてみた。コットレット・アッラ・ミラネーゼというのかな。見栄えはあまりよくないがなかなか。本当のミラネーゼは生パン粉を使う、生パン粉をまぶしながら肉を叩いて延ばす、澄ましバターを使う、ほんとはレモンは絞らない、などいろいろあるみたいだが、今日はふつうに塩、胡椒して、小麦粉をまぶし、卵液を通してパン粉をつけてバターで焼いた。それなりにおいしかったのだが、バターで揚げて旨いのは牛肉と鶏肉だけかも、という気もしないでもない。あと、付けあわせにジャガイモとシメジをバターで炒めたが、これはもっとさっぱりしたもの(例えば僕の手元にある本では、湯むきしたトマトとインゲンが付けあわせになっていた)のほうがよかったのではと反省。

CIMG1446そしてワイン。Domaine Anne Gros: Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits Cuvee Marine 2003と、Casanuova delle Cerbaie: Brunello di Motalcino 1998。アンヌ・グロのオート・コート・ド・ニュイは、とても繊細。繊細な中にシャルドネが持ちうる豊かさ、ふくよかさが旨く体現されていて心地よい。これで2,000円台だからなかなかのお買い得。イカやらアサリやらに合ったか?、といわれるとちょっと微妙だが(笑)、ワイン自体は素晴らしい。手に入りにくいのが悔やまれる。カサヌオーヴァという造り手は初めて試すのだが、このブルネッロもなかなかの一本。'98ということもあり、角がとれてブルネッロらしい重厚さと果実味がバランスよく出ている。ランクの高いブルネッロに求めるような「感動」までは与えてくれないかもしれないが、それでも3,000円台という値段を考えれば十分に満足の一本。とはいえ2本飲んだら6,000円なのよね……(笑)

あと、うちの晩ごはんにはちっとも関係ないですが、例の「ザ キッチン サルヴァトーレ・クオモ」、京都にも来るみたいですね。京都駅で10月15日オープンとの告知を見たような気がして調べてみたら、ジェイアール京都伊勢丹の10Fの「イタリア市場B・A・R」が10月14日まで改装中となっていたので、これがサルヴァトーレ・クオモになるのかな?

|

« ラーメンがっつん【四条千本西入る南側】にまた行った | トップページ | 麺屋しゃかりき【千本丸太町西入る北側】にまた行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5965355

この記事へのトラックバック一覧です: 豚肉でミラネーゼ:

» お風呂の後は・・ 何故か・・ 秋田・男鹿市 「KuRaM」 [ みちのく遊歩道     〜食のほそみち〜]
 男鹿市・若美町の夕日温泉WAOに行った帰り  お腹がすいたので、目ざとく見つけたレストランに入りました。   不思議と、お風呂に入るとお腹がすくんですよね〜  ここ、男鹿市の宮沢海岸付近は、ロケーションも良く夕日が綺麗です。                   夕日〜              店内  カツレツを頂きました、お肉はもちろんトッピング�... [続きを読む]

受信: 2005.09.17 13:07

« ラーメンがっつん【四条千本西入る南側】にまた行った | トップページ | 麺屋しゃかりき【千本丸太町西入る北側】にまた行った »