« 回転寿司の話:元祖廻る元禄寿司高槻店に行った | トップページ | 質問の答え(1):骨付き肉の焼き方 »

2005.08.31

ヤマダイ「凄麺の焼そば」を食べる

昨日の晩ごはんは同業者といつもの焼肉屋に。ちょろっと飲んで日が変わるころには帰宅。ついついカップ麺に手を出す。

CIMG1219sugomen今回はヤマダイの「凄麺の焼そば」。カップ麺の焼そばはUFOと僕のなかでは相場が決まっているのだが、「凄麺」という表現につられついつい買ってしまったもの。ようはノンフライ麺を使った焼きそばということなのだが、麺自体はもちっとしておりなかなか。ノンフライ麺の登場でたしかにカップ麺は一つの新しい時代に突入した感があるが、ノンフライ麺でもやはり当然ながらピンからキリまでである。このブログを始めてから食べたカップ麺も大部分はノンフライ麺使用のものだが、そのなかでも当然美味い不味いがある。その中での比較でいくと、今回の麺は明星の「からめ汁なし担々麺」に次ぐもちもち感。ただし味つけはイマイチ。美味しい麺に合わせてソース中心のシンプルな焼きそば味ではなく……、という意図なのだとは思うが、僕としてはもっとソースを前面に押しだしてくれた方が素直に楽しめるのではないかと思った。とはいえ麺の旨さに満足。

|

« 回転寿司の話:元祖廻る元禄寿司高槻店に行った | トップページ | 質問の答え(1):骨付き肉の焼き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5721598

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマダイ「凄麺の焼そば」を食べる:

« 回転寿司の話:元祖廻る元禄寿司高槻店に行った | トップページ | 質問の答え(1):骨付き肉の焼き方 »