« また冷たいの | トップページ | 焼き蛸と松茸と »

2005.08.23

リングイネのジェノヴェーゼ、松茸のホイル焼き

日が変わってしまったのでもう一昨日。その前日メインまで到達できなかったこともあり(手が遅いのよね)、またも家で晩ごはん。

CIMG1123CIMG1122まずは甘エビとじゅんさいのサラダ。じゅんさいは生のものを湯がいて塩、胡椒、バルサミコ、シェリーヴィネガーでマリネ。他の野菜も同じ味つけのヴィネグレットで和えて、湯がいた甘エビをのせてみた。もう一つは甘エビのカルパッチョ。イタリアでは生の魚介をカルパッチョにすることは珍しいというがうちではわりとよくやっている。甘エビのように山葵+醤油がよくあうものをカルパッチョにするのはちょっと気が引けることもあるが、オリーヴオイルに塩、胡椒、レモン、というのも悪くはないと思う。

CIMG1126次はリングイネのジェノヴェーゼ。ときどき書きこみをしてくれる吉田(仮)さんからバジルをお預かりしているのだが、5鉢もお預かりしているので家人がそれでペスト・ジェノヴェーゼを作った。というわけで。ペストのできはなかなか。ちょっとみたらえらいゆるいのでおいおいと思ったが、なかなか旨い。ちょっと塩気がきついので使いにくいなとも思うが、次からはどうもないだろう。

CIMG1128で、昨日食べ損ねたメイン。これが鯛と松茸の包み焼き。これはまたしても片岡レシピ。アルミホイルにバターを塗り、塩、胡椒をしてソテーした鯛、ちぎった松茸をのせる。塩、白ワイン(この日はなかったので日本酒、ちょっとどうかと思う:笑)、バターをふりかけ、ぴっちりと密封して200℃のオーヴンで11分。細葱の小口切りを散らしてすだちをしぼって食べる。なかなか旨い。バターが一つはいるだけで、たとえば松茸の吸い物に鯛が入っていたりするのとはまったく違うテイストになるのが面白い。香り松茸味しめじ、と言うが、松茸は本当に味がないから何らかの形でそれを補ってやる必要があることも多い。どんな味を松茸に足すかで香りを中心とする松茸のキャラクターも大きく変わるということなのだろう。

CIMG1148この日のワインは、Denis Durantou Saintayme: Saint-Emilion 2000。「Ayme」は「Aime」の古い綴り方なのではないかと憶測するのだが、そんな堅苦しさはちっとも感じられないワイン。デキャンタージュでぱっと花開く、という感じ。

|

« また冷たいの | トップページ | 焼き蛸と松茸と »

コメント

 自分の方のコメント欄にも書きましたが、昨日まで家人をカニンと読むと思い込んでいた私は、カジンさんをカジPさんと間違っていた。情けないです。
 バジル活躍しているようで嬉しいです。もうしばらくお願いいたします。日持ちすると勝手に思っているのですが、出張の主人が帰還後、2人で頂くつもりです。楽しみ。
 食材が秋っぽくなってきましたね。

投稿: 吉田(仮) | 2005.08.23 21:02

バジルのペースト、家人が作りましたが楽しんでください。やや塩が強いので気をつけて。

食材の移り変わり、まだ新旧交代が不完全なようで翌日の記事にも書いたけど、銀杏etc.はまだまだ。今絶好調なのはやはりなすび? いずれにしてもこれからますます食欲の季節ですね :-)

投稿: manavic | 2005.08.24 03:49

お久しぶりです。結構チェックしてる割には書き込んでなくて(^^;

実は、私もバジル栽培しています。しかも研究室の畑の一角にこっそりと・・・
パスタ等ちょこちょこと使っています。しかしこのままでは活用しないうちに枯れてしまう!と私もバジルペーストを作ろうと思い立ったのですが、はじめて作るので、お勧めの作り方があったら教えてください。(花が咲いてるのですがまだ使えるでしょうか?粗放農業のためえらいことになっています)

投稿: あづぶう | 2005.08.26 18:54

あづぶぅへ。返事遅くなってごめんなさい。推奨の作り方、近々お知らせします! やっぱりあずぶぅの場合、フードプロセッサ回さずにホモジナイザーとかつかうんでありましょうか!?

投稿: manavic | 2005.08.29 17:34

フードプロセッサーと異なり、ホモジェナイザーだと細胞まで粉々に破砕されてしまうと思いますが、どちらの方がペースト向きでしょうか。

投稿: ボル夫 | 2005.08.30 01:24

ううむ、たしかに。
これはあずぶぅにホモジナイザーを使って一度ペーストを作ってみてもらって官能試験(試食のことをその道ではこういうらしい)をしてみなくてはいかんですな(笑)

投稿: manavic | 2005.08.30 02:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5594274

この記事へのトラックバック一覧です: リングイネのジェノヴェーゼ、松茸のホイル焼き:

» バジル栽培 [グリーンのある生活]
ひさしぶりにバジルをご紹介します。 ベランダに置いてあるエアコンの室外機の上で育てているバジルですが、今朝見てみると葉っぱかなっと思っていた上部の方に花が咲いていました。バジルはこんな花が咲くのですね。 7/20(水)に載せた1ヶ月前のものを見比べてみると、2....... [続きを読む]

受信: 2005.08.25 02:33

« また冷たいの | トップページ | 焼き蛸と松茸と »