« 家焼肉その2 | トップページ | つけ麺の話:銀座匠力【京都駅ビル10F 京都拉麺小路】 »

2005.08.06

ごぶさたでした

しばらく忙しくってブログの更新、さぼってました。公私ともにいろいろあった五日間(笑)、夏休みらしく絵日記風に。もちろん食べ物中心で。

──8月1日(月)
CIMG0957この日は誕生日。34歳になった。34になって初めて作った料理は、客人と家人に作った豚しょうが焼き弁当(笑)

誕生日に師と仰ぐK御大のお店で中華料理をいただくのはこの数年のお約束。いつも美味しいこのお店は僕にとっては中華料理の原点のようなお店。四川って旨い!、と初めて気がついたのもここだったし、それ以来通うなかで中国料理のイロハを教えていただいた。今年も本当にありがとうございました。

CIMG0980CIMG0962

その後いつものバー、PCへ。今年はケーキを二つもいただいたので、お店で失礼してケーキを頂く。艦長にもシャンパンを頂く。他にもたくさんプレゼントを頂いた。K御大もおかあさんも来てくださったのが本当に嬉しかった。深夜に海の向こうから電話をくれたボル夫君、よめ子さんもありがとう。毎年のことながら幸せな誕生日でした。みんな、本当にどうもありがとう。

──8月2日(火)
前日の晩は外泊だったので、帰り道に前日集まってくれたメンバーの何人かと、これまた京都で、いや日本中で一番大好きなフレンチBにてランチ。前菜にラングスティーヌと帆立のテリーヌ、メインは鴨のコンフィ。昼からチーズまでフルコースで満腹。

CIMG0994しかしお楽しみはここまで。家に帰って仕事、仕事。お昼をたっぷり頂いたので夜になってもお腹が減らず、家人とちょっとだけ寿司を食べた。寿司といっても冷蔵庫に残っていた雲丹、せっかくだから寿司にしようかという程度の話。家だとこんな暴挙も許されるのがいい。この雲丹、百貨店から来たものだが、面白いのが場所によってミョウバンの効き方がぜんぜん違う。効いているところは形こそしっかりしているのだがやっぱりミョウバンの味が気になる。そんなわけで、見た目はイマイチのどろっとなったところが旨かった。いや、もちろん買ったその日に食べるのが一番美味しいですよ、ハイ。

あともう一つ。このブログにもときどきコメントをくれている、この日のランチもいっしょだった吉田(仮)さんが、ご自分のブログこの日の記事のなかで僕のブログを紹介してくれた。彼女の人柄はもちろんのことながら、僕は彼女のブログは大好きだ。彼女という人間を知らずに彼女のブログにたまたま出会ったのだったとしても、きっと読み続けただろうなと思う。素材はごくごくふつうの日常のことなのに(ふつうでないことも有)、そこに彼女の感情の機微や事後的な洞察が見事に織りこまれているから、読む者を飽きさせない。そんな彼女の帰省中、彼女のお宅で育てられているバジル(5鉢!)と観葉植物をお預かりするなんて光栄なことだ。

──8月3日(水)
じつはうちの家にはクーラーが一台しかない。寝室である。したがって夏のこの時期、家で仕事をするのはとってもつらい。おまけに家には誘惑が山もりあるので、この日から2泊3日、ホテルで缶詰になることにした。自発的かつ自腹で。3日は晩からチェックイン。その後、晩ごはんは寿司。仕事しにホテル泊まって寿司行ってんじゃねぇよ!、と云う勿かれ。寿司は日本のファーストフードである。怒濤の勢いで20貫弱を平らげホテルに戻り仕事。

CIMG0998ただし、ワインを飲んだことだけは告白しておきます。ラスコンブのセカンド、Chevalier de Lascombes: Margaux 1997。1997年のボルドーについては以前ちょっとだけ意見を書いたが、これまた今頃ちょうど飲み頃では?、と思うデキ。果実味を中心にマルゴーらしい繊細な仕あがりといっていいんじゃないかと思う。

──8月4日(木)
この日は一日ホテルで仕事。昼は近所でラーメン。夜はまたしてもファーストフードということで焼肉。これまた大好きなDにて。しかしウルテを頼み、ぜんぜんファーストフードではなくなってしまった。それなりに仕事も進み、まあよしとするか、という一日。

──8月5日(金)
イカン!、寝てしまった!、的目覚め。大慌てで抱えている仕事のうち一つを仕上げてメイルで送付。11:00にはチェックアウト。その後は家に戻り、汗だくになりながら仕事。朝送った仕事につけないといけない画像をスキャナで取りこみPhotoshopで処理して送ろうとするのだが、容量が大きいのでなかなか上手くいかない。その後もう一つの仕事のミーティング。こちらも早く終わらさねば。

CIMG1008夜、つけ麺を作ってみた。スープは甘め、酸っぱめ。具には巻きバラ叉焼、メンマ、白葱、ほうれん草、味玉子。メンマ以外は自家製。巻きバラ叉焼は悪くはないのだが、脂が多めのバラを選んでしまったので、冷たいと脂が非っ常にイヤミな感じなので難しい。スープのもとは前回のものを保存しておいたもの。

そんなわけで忙しい五日間でした。しかし仕事はまだ残っているではないか。がんばらねば……

|

« 家焼肉その2 | トップページ | つけ麺の話:銀座匠力【京都駅ビル10F 京都拉麺小路】 »

コメント

つけ麺、たいへんに美味でした。しばらくはまりそう(笑)

投稿: カジン | 2005.08.06 15:34

 函館にて…正確には、函館郊外の村にて、副房守(当っているのか?)稼業に努めています。掃除と、留守番がメイン業務です。

 ご本人に許可を得ずリンクを貼ってしまい申し訳ないです。
 皆さん、帰ったらまた遊んでください。

投稿: 吉田(仮) | 2005.08.07 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5334302

この記事へのトラックバック一覧です: ごぶさたでした:

« 家焼肉その2 | トップページ | つけ麺の話:銀座匠力【京都駅ビル10F 京都拉麺小路】 »