« それでもまだワインを飲む | トップページ | パスカル・ペニョー【新町夷川下がる東側】に行った »

2005.08.17

ディーン・アンド・デルーカから来たビーツのパスタ

関西の人はあまり知らないが、ニューヨークはソーホーのディーン・アンド・デルーカ日本にも来ている。今は品川、渋谷、丸の内の三店舗なのだそうだ。

で、何かというとめっちゃくちゃバブリーな食料品店。デリから、スパイス、お菓子、ワインに至るまで、生命の維持にはあまり重要でなさそうなありとあらゆる食べ物が華麗なラッピングに身を包み消費者を誘惑する。

そうはいっても悪くはない。生ハム、パンチェッタ、とくにサラミもさすがにこの値段とるだけのことはある味だし(無論もっと安い値段で同じぐらいおいしいもの手にはいるのだが)、ワインも以前に買ったカリフォルニアのカベルネ、Il Cuore: Cabernet Sauvignon 2001などはなかなかのお値打ちだった。そんなわけで、東京に出かけると、ついつい足を運んでしまうのである。

CIMG1079今回東京に行ったのは家人。パンチェッタとビーツを練りこんだ生のフェトゥチーネを買ってきた。パンチェッタはともかく、ビーツのパスタって。色はたしかにきれいな赤みがかった色をしているが、ビーツを練りこんだといっても味までビーツ味ではなかろうと思い(でも「ビーツ味」、って難しいね)、一本試しに食べてみると、やっぱり味はふつう。味のしばりはなくなったとしてもビーツに合うパスタ・ソースって……としばし考える。

CIMG1082ビーツのパスタに合っているのかどうかはわからないが、結局考えたのがパンチェッタのクリームソースをのばして冷ましたものに、焼き茄子をのせる、というもの。いやいや、けっして合ってないよね、これは。でもなかなかおいしかったです。冷製のソースと麺に焼き茄子をのせて、というのはこの間食べた焼き茄子の冷やし担々麺の真似。

|

« それでもまだワインを飲む | トップページ | パスカル・ペニョー【新町夷川下がる東側】に行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5516616

この記事へのトラックバック一覧です: ディーン・アンド・デルーカから来たビーツのパスタ:

« それでもまだワインを飲む | トップページ | パスカル・ペニョー【新町夷川下がる東側】に行った »