« バッサーノ・デル・グラッパ【烏丸仏光寺東入る南側】にいってみた | トップページ | それでもまだワインを飲む »

2005.08.14

菫【木屋町団栗橋下がる東側】のこと

バッサーノに行った日の晩ごはんは、木屋町通を団栗橋からちょっと下がったところにある中国料理、菫に。三ヶ月ほど前にご結婚されたI夫妻と、悪友(笑)のフランス人、Bと。I夫妻の結婚パーティーではイル・ギオットーネでごちそうになった。Bは素敵なワイン(Bは僕にワインの名前を明かさなかった、それに敬意を表して、その1976年のワインはいまだにアルミホイルでくるまれたままワインセラーに入っている)をプレゼントしてくれた。そんな気持ちもあり三人をご招待。菫はオープン以来大好きなお店で、お店を立ちあげ今もお店を切り盛りされているF氏とはオープン前からのおつきあいの中で、いつもわがままをきいていただいている。とはいえ、ここにいつでも来れるほどお金持ちではないから、なにかいいことがあったら来るようにしているお店である。この日の三人はみんな菫未体験、それじゃあ是非にでも、ということで声をかけさせてもらった。

CIMG1055ここの料理は中国料理は中国料理そのままではなく、現代風なり、和風あるいは西洋料理風なりのアレンジが相当施されているのだが、中国料理的な「決め技」というか「オチ」が随所に利いていて、安直な折衷だの「フュージョン」だのといったものとは一線を画している。たとえばこの日は最後のほうで肉料理としてイベリコ豚が出てきたのだが、これも山椒のソースがじつに美味しいのだ。昨日のメニューで美味しかったものをいくつか挙げると、まずはイカとヒラメのサラダ仕立て。生のイカをこんなに美味しいと思ったのは久しぶり。シメに出てきたなすびののった冷やし担々麺もいい。

CIMG1054しかしここのメインはなんといってもタラバガニ! 味つけはXO醤。これは毎回食べているのだが、いつ食べても旨い。初めて食べる人はみんな感動するが、じつは何度食べても飽きることがない。こういういつでもコースに入っている一品、があるのは品数の多い中華ならではかも。

CIMG1060CIMG1050「菫」の魅力は料理だけではない。ワインが旨いのだ。この日もスプマンテに始まり、Domaine Albert Grivault: Meursault 2001、Domaine Alain Michelot: Nuit-Saint-Geroges Aux Champs-Perdrix 1997、Rose de Calon: Bordeaux Rose 2004、Domaine Michel Gaunoux: Pommard 1er Cru Grands Epenots 1997と五本コース。どれも美味しく、また料理にも合うのだが、特筆すべきはムルソーポマール。今回もごちそうさまでした!

|

« バッサーノ・デル・グラッパ【烏丸仏光寺東入る南側】にいってみた | トップページ | それでもまだワインを飲む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5464885

この記事へのトラックバック一覧です: 菫【木屋町団栗橋下がる東側】のこと:

« バッサーノ・デル・グラッパ【烏丸仏光寺東入る南側】にいってみた | トップページ | それでもまだワインを飲む »