« Chateau Mouton Rothchild 1997 : Pauillac, Chateau Trotanoy 1997 : Pomerol | トップページ | エースコック「中華銘選 酸辣湯麺」を食べる »

2005.07.10

日清「濃厚鶏炊き白湯」を食べる

昨日はその後知りあいの方のお店の二周年に顔を出し帰宅。帰り道によったコンビニでちょっと気にしていたカップ麺を見つけたので購入。家に着くとどうしても食べたくなり(笑)、ついつい。

正式名称(?)は、「ラーメン王石神秀幸×日清食品共同開発 濃厚鶏炊き白湯真空細麺仕立て」。ただ一人ラーメン王を連覇した石神秀幸プロデュースのカップ麺である。僕が知っている範囲ではこれが二作目。トップには、「お店に作れないラーメンを作りたい。石神秀幸」とあるのだが、まさにそれがコンセプトらしい。やったら美味しいだろうけど、手間やコストを考えるとふつうのラーメン店にはお店にできないことをやろう、というコンセプト。

粉末スープと乾燥具材を麺と一緒に戻しあとから液体スープを混ぜるタイプ。さらに鶏油をまぜてできあがり。ラーメンのスープとしては、鶏ガラやモミジをガンガン炊いたスープというのはけっして珍しくない(モミジを使っているかどうかは別として、天天有などまさに「鶏炊き白湯」である)わけだが、鶏かどうかは別して、これだけのこってり感をカップ麺で上手に再現しているということにまず驚いた。味の方はもちろん鶏だけに上品な旨味である。ただし若干塩、醤油が弱かった(僕、酔ってた?)。あと細手の縮れ麺、これもよい。最近は乾麺でも美味い麺はちっとも珍しくなくなってきているが、じつに喉越しがよいのに驚いた。個人的にはこの手のスープにはもうちょっと太い麺の方があっている気がするのだが、この麺が美味いことにかわりはない。麺が終わった後のスープもふつうに美味しく飲めるし、その意味でかなり本物のラーメンに近い、というのが僕の印象。

しかし石神氏、一昨年の秋ぐらいだったか、情熱大陸で見かけたときは、公平な批評ができなくなるからラーメンを作る側には絶対に回らない、と発言、僕などそれを見ておっとこまえ〜と思っていたのに(当時の僕はラヲタでもなんでもなかったのだが)、最近ではカップ麺のみならず、ふつうのラーメン店もプロデュースしているのだとか。ま、しょうがないのかな。

|

« Chateau Mouton Rothchild 1997 : Pauillac, Chateau Trotanoy 1997 : Pomerol | トップページ | エースコック「中華銘選 酸辣湯麺」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/4911695

この記事へのトラックバック一覧です: 日清「濃厚鶏炊き白湯」を食べる:

« Chateau Mouton Rothchild 1997 : Pauillac, Chateau Trotanoy 1997 : Pomerol | トップページ | エースコック「中華銘選 酸辣湯麺」を食べる »