« 「鉄人陳健一四川担々麺」を食べる | トップページ | 鶏ハムのこと »

2005.07.09

明星「からめ汁なし担々麺」を食べる

今日(厳密には昨日)は、竹屋町柳馬場上がるのスペイン料理に出かけ、それなりに満足だったのだが(ムール貝のエスカベチェと、イカ墨のパエリアがすばらしかった!)、ついついまたカップ麺を。昨日も触れた明星の「からめ汁なし担々麺」である。

ノンフライ麺と乾燥具材を熱湯五分、湯切り、そこにスープ等を入れるという作り方(麺+4袋)。昨日の陳健一の担々麺に比べればシンプルなつくりだが、まず、もちもちの麺がよい。さらに山椒が利いているのがいい。最後にふりかけるねぎにも山椒が混じっているようだが、どうも麺と一緒に最初に入れた乾燥具材にも山椒が混じっているらしく、湯切りのときにも山椒の香りが。酢が入っていないのは残念だが、家の酢をちょっと垂らすとじつによくあう。酸っぱくて美味しい、ではなく、確実に旨味が増すのだ。僕は結局、辣油、酢を足して頂いた。芝麻醤の風味が弱いと思う向きもあるだろうし(目だたないだけで、ほんとはぜんぜん弱くない!)、乾燥の炸醤肉をもどすのはいかがなものかと思う向きもあるだろうが、全体として味のバランスが非常によい。麺のクウォリティの高さもあわせて考えると、「本格派」ではないかと思う(本格派であることがカップ麺にとってかならずしも大事ではないにせよ)。久しぶりに食べたのだが、やはり秀逸。家に常備しておきたいカップ麺である。

|

« 「鉄人陳健一四川担々麺」を食べる | トップページ | 鶏ハムのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/4887581

この記事へのトラックバック一覧です: 明星「からめ汁なし担々麺」を食べる:

« 「鉄人陳健一四川担々麺」を食べる | トップページ | 鶏ハムのこと »