« 中華の話 | トップページ | 日清 「GooTa 棒棒鶏担担麺」を食べる »

2005.07.27

家人のバターチキン

バターチキンという名のカレーである。久しぶりに家人が作った。家人の蔵書、『ラジさんちのインドカレー』によれば、鍋でトマトピューレと水を温めガラムマサラ、塩、レッドチリパウダー、ターメリック、カソリメティを加え、バター(トマト600ml+水200mlに対して50g)を溶かし、鶏肉(モモ)を加え、仕上げに生クリームを加えたもの。シンプルな料理だし、たとえば味を決める大きな要素であるバターの味なんてそうは変わらないものだから、自ずと使ったトマトピュレの味が、できあがりの味を大きく左右することになるような気がする。今回のものは、できあがったその日は酸味が非常にたっていたのだが、暖めては食べを繰りかえすうちに酸味もとび、今日がベストの状態かと。トマトとバターは不思議とよくあう。そしてその組合せの名作がインドから、というのが何とも面白い。

|

« 中華の話 | トップページ | 日清 「GooTa 棒棒鶏担担麺」を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5169651

この記事へのトラックバック一覧です: 家人のバターチキン:

« 中華の話 | トップページ | 日清 「GooTa 棒棒鶏担担麺」を食べる »