« 片岡護氏の「フェデリーニの熱々トマトソース」、豚フィレのバルサミコ・ソース他 | トップページ | おめでとう »

2005.07.21

ラーメンを作ってみた(笑)

じつは……一昨日からラーメンを作っていた。それをご自分でされる方を批判するつもりは毛頭ないが、ラーメンだけは自分で作るものではないと思っていた。たいていのものは、外でおいしいものを食べたら自分で作ってみたくなる性分だ。話題のレストランに行った翌日の晩ごはんなどは大変なことになる。それでもラーメンだけは違う、と思っていたのに、なぜだか手を出してしまった。

一つには昔からの癖で、家でしないと行けない仕事が立てこんでくると、たとえばカレーなど時間のかかる料理に手を出してしまう、というのがある。今回もそれ?、かな。とりあえず月曜日外に出た帰りに鶏ガラを買って帰った。

今回のテーマは、「優しいスープの中華そば」。まずはスープ。材料は鶏ガラ1kg(4羽分)、鶏骨付きモモ肉300g、玉ねぎ200g(小1個)、白菜250g、白ねぎ120g(1本+青いところ1本分)、しょうが少々、水2.5l。優しいスープなので野菜は肝心だ(笑) 鶏ガラは一度熱湯にとおしてから水洗い。これと、ざく切りにした野菜を水に入れて火にかける。沸騰したら火を落としいわゆる「菊花水」状態で6時間煮だした。仕上がりは1.5l強。味的にもやや煮詰まりすぎだし、雑味も出すぎた感がある。骨付きモモは途中で取りだして棒々鶏にでも、と思っていたのだが、うっかり忘れて味がぜんぶ抜けてしまった。

叉焼は250g程度のモモのブロックを塩、胡椒して一晩おき、翌日これを醤油と煮切った酒で煮た。中はしっとり仕上がったが表面がぱさっとしてしまったのが残念。

で、できあがり図。麺は豊国ヌードルなるメーカーの玉子麺。鹹水が強い印象があるがその分食感は悪くない。他の具はもやし(一応ひげ根は取ってみた)、メンマ(桃屋謹製、味が濃いしやや柔らかすぎるが悪くない)、青葱(一応九条ネギ)。元ダレには、あまり醤油がたっている感じにはしたくなかったので、火を通した醤油に叉焼の煮汁を足して使ったのだが、スープの方がわりと煮詰まっていたのでスープにちょっと負けている感じもする。生醤油でもよかったのかもしれない。スープはまだ残っているので今度は別メニューかな(笑)

|

« 片岡護氏の「フェデリーニの熱々トマトソース」、豚フィレのバルサミコ・ソース他 | トップページ | おめでとう »

コメント

ラーメン! 食べたい!
ラーメンの写真にワインが映っているのが「おい長」らしいであります。産後の肥立ちにラーメン。ラーメン。

投稿: よめ@子持ち | 2005.07.23 02:11

よめ@子持ちさん、ご出産、おめでとう!

ぜひ彼の地でも美味しいラーメン食べて下さい。

鶏ガラ→生の鶏を一羽買って解体(あなたの夫は生物学実習第一部あたりでそこらへんのことは経験ずみのはず)。身はスープをとるときにいっしょに使い、棒々鶏に。
麺→天使突抜でつちかったテクニックを生かし、ぜひとも自家製麺を!

投稿: manavic | 2005.07.23 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5074699

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンを作ってみた(笑):

« 片岡護氏の「フェデリーニの熱々トマトソース」、豚フィレのバルサミコ・ソース他 | トップページ | おめでとう »