« 家人のバターチキン | トップページ | 深夜の一皿ランチ »

2005.07.27

日清 「GooTa 棒棒鶏担担麺」を食べる

発想は偉大である。棒々鶏は胡麻だれだし、担々麺も芝麻醤がベースだ。棒々鶏に胡麻だれをかければ、その分スープも旨くなる、といったところだろうか。

事実、棒々鶏にかけた胡麻だれがスープに溶けこんでいくにつれ、スープの旨味も増しているかのように感じられる。しかしいくつか問題点がある。まず胡麻のスープが甘すぎること。中華のごまだれ、というよりはピーナッツ・バターか何かのようだ。それからGooTa自慢のレトルト具材の棒々鶏、これが今ひとつだ。いってもしょうがないことなのかもしれないけれどパサッとしていてじつに残念。そしてもう一つ。思うにこのアイディア、汁なし担々麺により合うのでは? そこの方のごまだれと、上にのった棒々鶏にかけられた胡麻だれとがこんにちは、みたいな(笑)

|

« 家人のバターチキン | トップページ | 深夜の一皿ランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/5169659

この記事へのトラックバック一覧です: 日清 「GooTa 棒棒鶏担担麺」を食べる:

« 家人のバターチキン | トップページ | 深夜の一皿ランチ »