« BLOGをつくる | トップページ | Bourgogne Passetoutgrain 2001 : Robert Groffier »

2005.06.06

天天有四条烏丸店【四条烏丸下がる西側COCON烏丸地下1F】

で、さっそく今日行った店の話。
COCONの天天有は今日が二回目。前回は中華そばの「丸」を食べたのだが(感動!)、今回は「角」を〔ともに¥630〕。前回の丸は鶏がらと野菜をじっくり煮込んだスープ、ということで、とろっと甘く仕上がっていて、昔(10年ぐらい前ね)食べた本店の味に近いような気がした。「角」は一味、背脂を加え……ということなんだけど、別にそんなに辛いわけでもなく、もともと濃いから背脂でどうのということもなく、何がちがうかといえば、甘みが控えめなことと、やや濃度が強いことかな。天天有(本店の方ね)の味がかわったとお嘆きの昔からのファンにはまるがお勧め、天天有は初めてという人には角がお勧め、なのかなとも(とはいえ、京都のこってりになれていない人にとっては角でも「え゛」かな:笑)。もっとも本店の方もヘヴィー・ユーザたちにいわせると「行くたびに味が違う」店なので、これが「丸」と「角」の一般的なちがいかどうかは怪しいけれど。

それはともかく、前回も今回もよかったのが叉焼。たぶんモモだと思うのだけど、やわらかくしっとり。薄切りなのにしっかりと肉の味がして格好のおかずなのですよ。もちろん叉焼の位置づけというのはお店によってそれぞれで、こういうスタイルだけが絶対、というわけではないのだけれど、麺をくるんで食べておいしい叉焼、ということでいえば、これまで食べた叉焼のなかでも一、二を争うんじゃないかな。叉焼の話とかまた書いてみたいな。

他にのっていたのはメンマにモヤシ、青葱。モヤシ、青葱はどっちもしゃきっとしていて○。モヤシの臭いも気になったりすることもないし、わりとざっくり切ってある青葱の小口切りも○。卓調の辛子味噌、最後にちょっとだけ試してみたけど、わりと派手に味がかわるのでちょっとびっくり。それはそれ、これはこれ、という感じでしょうか。

|

« BLOGをつくる | トップページ | Bourgogne Passetoutgrain 2001 : Robert Groffier »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113521/4440991

この記事へのトラックバック一覧です: 天天有四条烏丸店【四条烏丸下がる西側COCON烏丸地下1F】:

« BLOGをつくる | トップページ | Bourgogne Passetoutgrain 2001 : Robert Groffier »